« 投書記事を授業する① | トップページ | 投書記事を授業する③ »

2004.05.29

投書記事を授業する②

【第1時間目】5.27実施。実習生参観
①先生が読むので読めない漢字に読みがなを書きましょう。
①もう一度読むので、段落番号をつけましょう。
②読みましょう。(追い読み2回。一斉読み2回)
②第1段落を読みましょう。(一斉読み)
②意味の分からない言葉はありませんか。
②何となくその意味が分かるという人、どうぞ。<子供の後で意味を説明する>
②第2段落を読みましょう。<以下、同じように続く>
③登場人物を書きましょう。
③それぞれいくつくらいですか?
④なくてもいい段落は何番ですか?<時間がなかったので省く>
⑤筆者が一番言いたいのは何段落ですか?
⑤筆者が一番言いたい文はどれですか?
⑥あなたは「母親が自分が謝るのではなく、子供自身に謝らせるよう教えるべきではないでしょうか」という考えに賛成ですか反対ですか? 自分の考えを書きましょう。<15分間で原稿用紙に考えを書く>

【第2時間目】5.28実施。
実習生と6年生31人が参観した。
反対派は3人。理由は、「幼稚園児なので小さくて謝らせるのは無理だ」という。
賛成派の理由は、「自分が謝るということを知らなくなる→大人になって謝ることを知らない人間になる」「やった子が謝るべき」「なんでも『お母さん、謝ってきて』と言うようになる」「やった子が謝らないと、母親が謝っても心がこもっていない」「自分も幼稚園の時にしつけをつけられていた」「謝り方を知らなければいけない」。

人数が多い賛成の子が優勢に意見を出していたが、反対派の3人もよく反論を言った。
「私たちは、絶対に謝らせない、と言っているのじゃなくて、幼稚園の子だから今は小さすぎるから謝らせるのは無理だから反対と言っている」や「みんながいる電車の中で謝らそうと(しつけ)をせず、電車の中では母親が謝っておいて、あとで自分の家などで教える方が電車に乗ってる他の人の迷惑にならない」や「小さくて意味が分からないのに『ごめんなさい』だけ言うのは、それこそ心がこもっていないのではないか」や「大人になって謝ることを知らない人間なんていない」などなど。

嬉しかったのは国語や社会、理科などの授業ではなかなか意見が出せない○○くんが、数回、自分から考えを言えたことだ。授業後ほめると嬉しそうだった。その後の算数の時間も全然表情が違った。そしてこの日、何かと私に話しかけに来た。
彼にとってこの話題は考えやすかったのだろう。そして3人の少数派の中で頑張れたということがなんらかの自信になってほしいですね。

|

« 投書記事を授業する① | トップページ | 投書記事を授業する③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/673235

この記事へのトラックバック一覧です: 投書記事を授業する②:

« 投書記事を授業する① | トップページ | 投書記事を授業する③ »