« 全滅のおそれ | トップページ | フロンティアスクール »

2004.06.25

水曜日

1限は算数。平行線に交わる直線がつくった角度を求める練習。2限は国語。「海にねむる未来」を3つに分けるという課題。これはこの前から続いているのでほどなく終わった。問題提示、例示、結論に分けられた。さらに、事例が載っている②~⑫を二つのグループに分けるという課題を出した。多くの子が、実用化されていないもの(②~⑨)と実用化されているもの(⑩~⑫)というくくりで分けた。3人が、抽出すべきものが分かっていないサメ(②~⑤)と、分かっているのもの海綿とカブトガニ(⑥~⑫)で分けた。これは予想しなかった考え方なので誉めた。
3限は道徳。「あなたは『普通』と呼ばれたいか」。この授業は「『普通の両親に育てられた普通の女の子が…』を考える」に続いての授業。子ども達はよく考えて自分なりの考えを出す。しかし、私の切りかえしが弱い。だから子ども達の考えを深められないもどかしさがある。4限は音楽専科の授業。この時間を利用して午後の会議のプリント印刷と綴じ。

|

« 全滅のおそれ | トップページ | フロンティアスクール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/838749

この記事へのトラックバック一覧です: 水曜日:

« 全滅のおそれ | トップページ | フロンティアスクール »