« 水曜日 | トップページ | 『「話す日本語」面白ゼミナール』 »

2004.06.27

フロンティアスクール

学力向上フロンティアスクール研究発表会@野上小学校に参加。

以下、問題意識というより覚え書き。
①「確かな学力」と「基礎学力」は違う。
ならば、自分の学級の子たちの今の状態で欠けている国語科の「確かな学力」「基礎学力」はなにかを明確にしておく必要がある。
②それを補うための指導は、今の日々の授業方法で良いのかどうかということにもっと自覚的にならなければだめだ。
③例示された
発展的な学習や補充的な学習など個に応じた指導のための教材の開発
個に応じた指導のための指導方法・指導体制の工夫改善
児童生徒の学力の評価を生かした指導の改善
のどれを問題提起できるのか。

以下、講師の加藤明氏の心に残った言葉
・その時間内でできるようにするのが原則
・算数の学力を向上させるための指導力を教師は身につけなければならない
・本単元が終わるまでなにを力としてつけなければならないかを明確に持っておく必要がある。
・どの力が足りないか分からないような荒い授業をしていてはいけない。
・算数は「いろんな考え方でできますね」で終わってはいけない。なぜならその後の学習内容の系統に響くから。「ここはこう考えないとだめ」というのが算数にはある。
今日の四角形の内角の和を求める問題でも、いろいろな方法が出された。しかし、三角形がいくつ、つまり「180度×いくつ」を子どもたちが使うようにしなければならない。
・誤答傾向を見て「こういう間違いを集中させる指導を自分たちがしてきたのだ」と考えなければならない。
・子供はある理屈で間違いを起こしている。その理屈(傾向)を把握することが大事。
・「分かる」「できるが」増えないと「関心・意欲」というものは高まらない。
・子供は身のほど知らずに成長している。だから教師も成長し続けなければいけない。

こういう話を繰り返し聞かなければ私は弛んでしまう。12月の自分の番まで自覚的に生きましょう。

|

« 水曜日 | トップページ | 『「話す日本語」面白ゼミナール』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/850678

この記事へのトラックバック一覧です: フロンティアスクール:

« 水曜日 | トップページ | 『「話す日本語」面白ゼミナール』 »