« 校長、教頭に自己推薦 | トップページ | 『プロ作家養成塾』 »

2004.07.22

『二学期制 導入への道・実践報告』

『二学期制 導入への道・実践報告』島村正勝編著 第一公報社
筆者は二学期制のメリットとして次の点をあげる。p57、p58
・時間的な余裕ができ、児童生徒の「ゆとり」が生まれる。
・従来の一学期末、二学期末の短縮時程を減らすことができ、授業時数の確保につながる。(後略)
・通知表の作成が一回減ることにより、成績処理・評価の労力を児童生徒の指導に振り向けることができる。
・一つの学期が長期化することにより、一人ひとりの児童生徒の変容をより具体的・総合的にとらえることが可能になるとともに、指導の中での多面的な評価も可能になり、指導と評価の一体化を図ることができるようになる。
・中学校で(後略)
・中学校で(後略)
・定期考査の(後略)
・特色ある学校づくりの一環と位置づけることができる。

さらに保護者向けに出されたと推察される通信には「六つの校歌と五つの期待、三つの課題が考えられます」とある。p109
①一学期末の期末テストがなくなるので、学期はじめから夏季休業日前日までの期間で、基本的な学習習慣の形成にじっくり取り組むことができる。
②一学期末の期末テストがなくなるので「せわしない一学期」から開放され、個別の学習状況に応じた指導の充実に生かすことができる。(後略)
③一つの学期が長くなるので、総合的な学習の時間など、長期的に継続して課題を解決するような学習活動の計画が立てやすくなる。
④学期のサイクルが長くなることで、年間行事を柔軟に設定することができる。(後略)
⑤三学期制での三学期目のように、学習する単元が極端に少なくなることが回避され、一人ひとりの学習による子どもの変容を、(後略)
⑥委員会活動等、従来より二期制で実施している活動を、学期の区切りに合わせて実施することができる。

どれも二学期制でなければならない理由とは思えません。
でもやがて私の市にも導入されるでしょう。流行ですので…。

|

« 校長、教頭に自己推薦 | トップページ | 『プロ作家養成塾』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/1025256

この記事へのトラックバック一覧です: 『二学期制 導入への道・実践報告』:

« 校長、教頭に自己推薦 | トップページ | 『プロ作家養成塾』 »