« 『チャンスを逃がす人活かす人』 | トップページ | 2回目の10分間視写のデータを取る »

2004.08.26

科学的「読み」の授業研究会 夏の大会メモ

【科学的「読み」の授業研究会 夏の大会メモ@成蹊大学】
8月23、24日に行われた読み研の夏の大会に参加したときのメモである。
なお、1日目は電車の遅れで阿部昇氏@秋田大学の基調講演には間に合わなかったので、冊子からの引用になる。さらに1日目後半のメモ自体もクリエの操作ミスで消してしまった(涙)ので記憶に残っていることだけである。

【読み研】
読み研とは「子どもたちが自力で文章を読むことのできる力をつけるということ」を目指している研究集団である。
昨今の学力低下論争を受け「基礎学力の定着のために…」という取り組みの報告が多く聞かれる中、「自力で文章を読むことのできる力をつける」という文言は新鮮にさえ感じた。阿部氏は書く。「ところが、多くの国語の授業では、この子どもたちが自力で立ち止まるべき箇所を発見させるための意識的な指導が、これまであまり行われてこなかった。たいていは、教師が『ほらあなの中で、ごんはどんなことを考えたかな。』などとその着目すべき箇所を一方的に指示してしまう。教師が発問をして、読むべき箇所を提示するのではなく、子ども(たち)自身が自力で読むべき箇所を見つけ出す授業こそが、求められる」p5

【入門講座A 文学作品の授業】
講師は柳田良雄氏@松戸市立松飛台小学校。
構造よみについてはよく分かった。二つの勢力の立場が入れ替わったところをクライマックスと定義し「アレクサンダとぜんまいねずみ」で実際に探した。探すための活動だけで終わらないということが実感できた。これは使えそうだ。形象よみと主題よみについては私の理解不足。

【記念講演】
西郷竹彦氏の講演。演題は「筋は一つではない~初読の筋と再読の筋と~」
初読の時は、話者も知らなくて読者も知らない筋がある。ところが再読の場合は、話者は知らないが読者は知っている。だから筋は一つではない。

授業は再読の状況で行われることが圧倒的に多い。とすると「この時の主人公の気持ちは?」なんていつまでも問うているようでは国語の力はつくはずがないと思った。

【入門講座B 説明的文章の授業】
講師は加藤郁夫氏@大阪府立柏原東高校。
構造よみ(文章全体を前文、本文、後文に分ける)はよく分かった。そういう言葉を使わないが私も授業でやったことがある。
要約よみは「柱の文」に対する私の理解不足。
吟味よみはこれから必要とされる読み方だろう。書かれた情報を鵜呑みにしないで自分の頭で考えることが必要だ。そのための分析の観点は教師がまず身につけなければならない。

|

« 『チャンスを逃がす人活かす人』 | トップページ | 2回目の10分間視写のデータを取る »

コメント

私は柳田先生の教え子なのですが、先生は今何をしてらっしゃるのでしょうか?

投稿: 千葉人 | 2005.07.11 02:15

今年の夏の大会の案内を見ると、「松戸市立松飛台小学校」となっていますので、多分、小学校で教鞭を執られているのではないでしょうか。

投稿: きしゅう | 2005.07.12 05:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/1284884

この記事へのトラックバック一覧です: 科学的「読み」の授業研究会 夏の大会メモ:

« 『チャンスを逃がす人活かす人』 | トップページ | 2回目の10分間視写のデータを取る »