« 科学的「読み」の授業研究会 夏の大会メモ | トップページ | 秋分の日 »

2004.09.07

2回目の10分間視写のデータを取る

『うつしまるくん』(明治図書)の10分間スピードチェックを使って2回目のデータをとった。
前回のページを開けさせ「前回と同じように丁寧に書きましょう」と事前に注意した。
結果は、MAX=371字。MIN=121字。AVE=248字。
1回目に300字を超えた子7人の中でさらに増えた子は2人。残り5人が減っていた。それも減り方がすごい。事前の注意が効き過ぎたのかもしれない。
逆に前回300字未満の子で今回字数が増えているのは16人。
つまり前回300字以上書いた子のほとんどが字数が減り、300字未満の子はほとんどが増えたということになった。

|

« 科学的「読み」の授業研究会 夏の大会メモ | トップページ | 秋分の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/1377502

この記事へのトラックバック一覧です: 2回目の10分間視写のデータを取る:

« 科学的「読み」の授業研究会 夏の大会メモ | トップページ | 秋分の日 »