« 焦りモード突入 | トップページ | 集会発表 »

2004.11.20

万華鏡の制作

万華鏡の鏡には結局DIY店で見つけた0.1ミリ厚ののり付きステンレスシートを利用した。
①子どもたちそれぞれ持ってきた紙筒の直径を測らせる。←3学期の算数で学習予定
②半径×1.7の長さを1辺とし、紙筒の長さ-1.5センチを高さとする三角柱の展開図を厚紙で作らせる。
③これが一番たいへんなのだけど、子どもたちのそれぞれの展開図にあわせてステンレスシートをカットする。
紙筒を一括購入すれば世話がなかったが、それだと最後の化粧紙しか出来栄えが変わらないので面白味に欠けると考え、それぞれに用意させた。ラップの芯、マーブルチョコの筒、チップスターの筒などが集まった。作りやすさと見やすさ(集光ぐあい)ではチップスターがよかった。
子どもたちの反応は上々だった。もう1個作りたいから鏡はどこで売っているか教えて、などと言う子もいた。
最初にぼくが作った試作品を分解して見せて工程を明らかにしたので、この時間はここまで完成させるというめどが子どもたちにもついたようだった。5時間で全員が仕上がった。これにも満足。

|

« 焦りモード突入 | トップページ | 集会発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/2012384

この記事へのトラックバック一覧です: 万華鏡の制作:

« 焦りモード突入 | トップページ | 集会発表 »