« 子供のわかり方 | トップページ | 課金がこわい »

2004.11.28

投書記事を授業する④

二学期で一番おもしろかった授業という感想が多かった。11月2日実施。
投稿記事の要旨は次の通り。
「新潟中越地震があった日、ほとんどのテレビ局は緊急特別番組を報道した。その影響で楽しみにしていた通常番組が見られなかった。これはやりすぎではなかったか」というものだ。
(産経新聞10月25日付け「【談話室】新潟県中越地震 私はこう思う 通常番組が放映されず残念」)

子供たちもこの地震の緊急特別番組を見ている(影響を受けた)ので、この投稿の主張に対する意識が高かった。
「緊急特別番組ばかりになるのはやりすぎである」という投稿者に賛成の考えは、
①その地方のテレビ局やNHKみたいな局でやればよい
②小さな地震時のお知らせのように画面の上などでテロップにして知らせればよい
③和歌山は離れているのでそういうところまで特別番組をされると困る
④どのテレビ局も同じような内容ばかりを流している
というものだ。
もちろんこの考えに対して反論がなされた。それは、
①少しでも多くの情報がほしいと思う人がいる
②南海地震が心配されている。そういうときに他県の地震の様子を見ると自分たちも考えることが多い
③離れていても新潟に親戚のある人やたまたま旅行などで行っている人が和歌山にもいるかもしれない
④避難所に行った人の気持ちを考えてないから、やりすぎだ、といえるのだ。自己中心的すぎる
などである。

この記事は「緊急特別番組でキャンセルされた番組はどうなるのか」や「いつまで各局は緊急特別番組を続けるのだろうか」という問題につながる。実際「授業を終えて」という題でその疑問を書いた子がいた。5年社会科の「情報」の学習とも連携できそうだ。

こういう授業ではいつもとは違うようすを見せる子がある。
今回の授業ではA児だ。この子は誰かに反論されるとすぐに自分の考えを引っ込めてしまったりあきらめてしまったりすることが多かった。しかし今回は反論され自身の考えはどんどん後退しているが、譲歩しながらでも思うことを数回言えた。
投書記事を使った授業をして思うのは、普段の国語の授業ではそんなに発言しない子が発言することが多いことだ。それもその1時間に何回も。(もっとも、その時間限りということが多いのも事実だが。)これはなぜか。その子の問題意識にはまるからだろうか。

|

« 子供のわかり方 | トップページ | 課金がこわい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/2090049

この記事へのトラックバック一覧です: 投書記事を授業する④:

« 子供のわかり方 | トップページ | 課金がこわい »