« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.30

『頭がよくなるスーパー読書術』

『頭がよくなるスーパー読書術』出口 汪(青春出版社)
筆者が「論理エンジン」という新しい教育システム・教材開発に取り組んだ際、次のように言われたそうだ。
「その際、国語の教師から次のような反論が多く出された。『国語の授業は、論理だけでなく、文学的感性や想像力といったものも大切ではないのか』
もちろん文学的感性や想像力は何よりも大切である。だが、論理力を鍛えることが、どうしてそれらを損なうことにつながるのか?」p184、185
その通りだ。
職場に「物語文にどっぷりつかり登場人物の心情に深く迫るという、本来の物語文の学習経験が少なくなってきているのを遺憾に思う」と言う人がいる。
そういう人に「では、登場人物の心情に深く迫れた子はどのようなことを言い、どのようなことを書くのか?迫れていない子はどのようなことを言い書くのか?」と尋ねると決して具体的に答えられない。おっと話がそれた。

読むのはエンターテイメントではなく文学書だ。そして次のような読み方をすることが論理力を鍛えるという。
「そして人に説明できるように読む。すると次々と疑問点が生じてくる。
なぜ源氏は狂おしいほど愛を求めたのか?恋愛と政治がどのように結びついていったのか?」p182

「主人公の『私』がなぜ無個性なのか?」p190
「『先生』はなぜ『先生』と呼ばれたのか?」p190
「Kはなぜ自殺したのか?」p191
このような読み方は、登場人物の心情にひたる読み方ではないと言える。

ちなみに、うちの息子は出口汪氏の講義をビデオで受けている。
そして「現代文がめちゃめちゃ分かるようになった気がする」とけっこう感動して言っている。
教師の仕事はこうでなくっちゃ。ぼくもビデオを見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.17

発言力(認識力)の現状

課題は「五円玉の「表」と思う側を絵に描きなさい。なぜそちらを「表」と考えたのか理由を書きなさい」だ。
ほとんどの子が「Aの方が表だと考えました。なぜなら五円と書いているからです」で終わる。
「Aの方が表だと考えました。なぜなら五円と書いていて、お金は何円と値段が分かるということが一番大事なことだと思ったから、だから五円と書いている方を表にしました」
「Aの方が表だと考えました。なぜなら五円と書いていて、本などの表には題名があって、その題名みたいなのが五円で、五円玉の裏の日本国というのは本の裏に印刷した会社が書いているようなものだと思うからAの方を表にしました」というように、「五円と書いている」意味づけを言えた子は4人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.15

おいしい話

今の学校は単級だ。6年間組み替えがない。転出入は、ぼくが赴任してから5年間でたしか3人。幼稚園から小学校卒業まで9年間一緒という子がかなり多い。
ガラガラポンがなくリセットの経験がない集団は、学年が上がるにつれ人間関係が煮詰まる。
だからこそ、今までとは違う姿を見せてやろうと力が入る。違う自分に気づかせてやろうと力が入る。
しかし「新学期効果」はそうそう期待できない。だからこの1週間がきつい。1週間のうちにほんの少しでも自分や友達が変わったことを意識(実感)させなければならないからだ。
学年が上がって今までより手を挙げるようになったとか、漢字テストの点が上がったとか…。少しでも目に見える形で。
だからぬるい授業はやってられない。だから、、、ああしんど。

ところで組み替えのないメリットもある。
それは前担任の方法をそっくり継承できるということだ。自分の知らない方法を(高学年になれば)放っておいても子どもたちはできるのだ。これはおいしい(笑)。
この時期に自分の巾も広げられる。去年は、ほんま、たいへん参考になりました。
今年もさっそくいただいたのが二つほど…。「廃止」にしたのも多いけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.14

お子様はフレキシブル

今の時期は「黄金の3日間」や「黄金の1週間」などと言われる。
新学年になり(組み替えがあり)子どもたちが期待している今は、他の時期より教師の言うことが浸透しやすいのだ、という意味に受けとめている。
しかしこれは「実は子どもたちが教師にあわせてくれているのだ」ということなのだ。
子どもたちは教師よりはるかにはるかにフレキシブルでたくましい。

教師はまずは過去の自分のやり方を踏襲する。新年度になったからと言って180度違うやり方はできない。なぜならば違う方法を知らないからだ。(単純やね~)本などで知った学級経営を取り入れようとするには、かなり想像力がなければ無理だ。だから方向を変えられたとしてもせいぜい20度ぐらいか。
ところが子どもにとって担任がかわるということは、もしかしたら「方向転換!」と言われるに等しいことがあるかもしれない。でも、子どもたちは柔軟に受け入れてくれる。
実際、去年一緒だった子どもが隣の6年の教室に入ってしばらくすると…。ヲイヲイといってしまう行動をしている。
ま、今の担任に気に入られなければこのさき1年はしんどいもんね…。

これが逆だったらどうよ。
「今年は手強い」などとぼやいている教師がここにいるではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.13

会議

4,5月の家庭訪問と1学期末の個人懇談を廃止し、代わりに夏季休業中に個人懇談を兼ねた家庭訪問をするという提案は否決された。やはりドラスティックすぎたか。
結果、家庭訪問は今まで通りの時期にする。個人懇談は夏季休業中にするということになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.12

禁止令

自己紹介の時間。昨日書かせた文をそのまま読ませた。相互指名を導入。
誰かが何かを言うと「同じです!」の合唱。なので「同じです!」禁止令を発令。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.11

手強いぞ

○○子が朝「先生、今日、間違って手さげカバンで来てしまいました」と職員室に言いに来た。その時確かに「間違って」と言った。
顔を合わせてから2日目だが、何となく正答志向の子が多い学級なのかもしれないと感じていた。
友達と違うことをすることが「間違い」ととらえる子がいる学級なのかもしれないと感じた。

なので「クイズをします。今日の入学式で新しく入ってくるのは何人でしょう?」や「全校で、何人になったでしょう?」などと問う。
「ん?分からんて?当然です。先生も知らないのです。自信を持って間違えばいいんです」などと言って、ようやく半数くらいの子の手が挙がった。
さらに「最初の給食のメニューは何でしょう?」などと機会があるごとにクイズぜめ。
しかし、固い。
今年は手強いぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.10

ネームプレートづくり

3センチ×10センチの大きさにした名前を10人分、ラベル紙に印刷。
それをゴム磁石に貼り、カッターで切りわける。
さらに透明梱包テープで一つずつシールする。
こういう作業中に今年度ふつふつとやりたいことが…。
今年度のキーワードは「地味&派手」でいこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教え子のブログ

多分教え子だろうと思える人のブログを発見した。
彼は27,8歳の起業家(こんなふうに言っていいのか)だ。
彼のブログには夢が書かれている。それもかなり熱い。熱くなくては起業はできまい。
懐かしくなってそのころのアルバムを探し出して見た。幼い彼と若いぼくがいた。

元気をもらえた。
まだ老けこんではいけませんね。
ありがとう○○くん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.08

こんにちは5年生

新任式、始業式。その後入学式の準備。
入学式の準備に時間がかかった。
どこまで子供にさせるかということを指揮者が明確にしていなかったので、そこまで子供にさせるか…、それは自分たち教師がするとこやろ~、というところまで作業をしたからだ。
加えてようやく4年生を終えたばかりの「名ばかりの5年生」だ。動きは見ていて歯がゆいものがある。
でも彼らなりにがんばっていた。
ということで、バタバタした新年度の顔合わせの1日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.07

さらば5年生!

離任式。
その後、机入れ替え作業。
例年なら隣の教室2,3脚入れ替えればよかったのだが、市の指導により今年から1年生の教室が2階になったので、大入れ替え。
といっても、子ども一人が1脚ずつ運べばすぐに終わったが。
相変わらず、ほれぼれするぐらいキビキビ動く旧5年生だった。
さらば。

午後は事務。でも自分の仕事はなかなかできない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.06

DVD焼き

朝からDVD焼き。1枚約10分。全部で32枚焼く。
今までは「時間との戦い」の学期末にしていたので、やり慣れた方法でロスタイムを減らし、全体の時間を縮めることしか思っていなかった。他の方法を試すゆとりはなかった。
今回、春休みに焼いたので時間にゆとりがあり、今までしなかったことを試すことができた。で、キャプチャーに続いての編集やメニュー作成の時には今まで知らなかった簡単な方法を発見した。

『孤高のメス』下巻が届く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.05

初会議

今年度の初会議。○年担任。今年は手強そうだぞ。
赴任5年目だが、高学年担任が多いことや各学年単級ということで、今度の学級31人中17人の兄姉を担任している。これってどうよ。
「5月の家庭訪問と1学期末の個人懇談を廃止。代わりに夏季休業中に家庭訪問をして、その時に個人懇談に応じた話をする」という提案は継続審議に。昨年度末、口頭で予備提案をしていたのだけど…。ま、結論は8日に出る。
夜は送別会。幹事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.03

『孤高のメス(上)』

『孤高のメス(上)』大鐘稔彦(栄光出版社)
分厚いです。上巻で632ページもあります。買うときにビビって(笑)上巻だけしか買いませんでした。で、下巻を求めて3書店に行ったのですが見あたらず、今アマゾンで注文したところです。

主人公は腕利きの消化器外科医。当然手術場面の描写が多いです。
「当麻は切開創の上縁から更に左斜めにメスを走らせ、瞬く間に開胸した。胸腔に黄色透明の漿液が見られた。これを吸い上げると、胸骨から肋軟骨を切り離し、更に横隔膜を切り開いた。/視野が一気に広がり、手探り状態だった左上腹腔の模様が直視下にとらえられた。術野を見すえる者たちは一様に瞠目した。/横隔膜下には先の胸水とは異なるドロッとした黄緑色の液体、他ならぬ膿が、これも少量たまっている」p465
生々しいです。

前触れもなく(ある人物の)過去のエピソードにジャンプして「ん?」と思ってしまうようなついて行きにくいところもあるのですが、はやく下巻が読みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.02

『答えが見つかるまで考え抜く技術』

『答えが見つかるまで考え抜く技術』表三郎(サンマーク出版)

問いには二種類あるという。一つは、人生に関わる「問い」。もう一つは、好奇心に関わる「問い」。そして「自らが立てた問いに対する答えは、みずからにしか引き出すことができない」p18と言う。マスメディアなどを通して答えらしきものを得たとしても、それは答えの一つなのであると言う。
では、筆者の言う「問い」とはどういうものか。
例えば「フランスのある思想家がマルクス論を書いているのだが、私にはどこか引っかかっていた。おかしいということはわかっているのだが、どこがどうおかしいのかがわからないのである。必死になって小一時間も考えているのに、それでも答えが見つからない。」p88である。
これではレベルが違いすぎてぼくの参考にはならない。

さらには「野菜や果物の値段を眺めてみても、最初はこういうものかと思う程度かもしれない。だが、何度も足を運んでみると、季節によって値段がどんどん変わっていくのがわかるし、今年はどの作物が豊作なのかもわかるようになってくる。さらには、WTO(世界貿易機関)に中国が加盟したことによってどんな影響が生じているか、農産物の自由化が国内農業にどのような影響を及ぼすだろうかというように、自分なりに考えることができるようになる」p45という。
スーパーに行っても晩ご飯おかずのことだけを思っていてはいけないのである。

ではぼくの問い。
【「わたしは賛成です。わけは○○だからです」とだけしか言えない子の発言量を増やすにはどうすればいいのか】
今年度も、答えが見つかるまで考え抜いていこう。

「現在のあなたの状態は、望むと望まざるとにかかわらず、あなたが心のどこかでイメージしていた姿を映し出しているということである」p185
この異動の時期、身につまされる言葉ですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »