« お子様はフレキシブル | トップページ | 発言力(認識力)の現状 »

2005.04.15

おいしい話

今の学校は単級だ。6年間組み替えがない。転出入は、ぼくが赴任してから5年間でたしか3人。幼稚園から小学校卒業まで9年間一緒という子がかなり多い。
ガラガラポンがなくリセットの経験がない集団は、学年が上がるにつれ人間関係が煮詰まる。
だからこそ、今までとは違う姿を見せてやろうと力が入る。違う自分に気づかせてやろうと力が入る。
しかし「新学期効果」はそうそう期待できない。だからこの1週間がきつい。1週間のうちにほんの少しでも自分や友達が変わったことを意識(実感)させなければならないからだ。
学年が上がって今までより手を挙げるようになったとか、漢字テストの点が上がったとか…。少しでも目に見える形で。
だからぬるい授業はやってられない。だから、、、ああしんど。

ところで組み替えのないメリットもある。
それは前担任の方法をそっくり継承できるということだ。自分の知らない方法を(高学年になれば)放っておいても子どもたちはできるのだ。これはおいしい(笑)。
この時期に自分の巾も広げられる。去年は、ほんま、たいへん参考になりました。
今年もさっそくいただいたのが二つほど…。「廃止」にしたのも多いけど…。

|

« お子様はフレキシブル | トップページ | 発言力(認識力)の現状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/3742532

この記事へのトラックバック一覧です: おいしい話:

« お子様はフレキシブル | トップページ | 発言力(認識力)の現状 »