« 学習園の手入れ | トップページ | ペットボトルメダカ »

2005.05.13

かすかな手応え

討論の授業に対して初めてかすかなかすかな手応えを感じることができた。
うれしい。
昨年度は引き継いだ時点ですでに討論ができる学級になっていたから、どういう内容で討論をさせるかに気をつかえばよかった。
今年は「自分の考えを述べる」ところから始めている。時間がかかるが仕方がない。

課題は「米の生産量が少ないのは何地方?」という、かなりクイズっぽいものだ。
もちろん調べればすぐに分かってしまうので、見てもよいのは辞書と地図帳の最初の日本全図が載ったところだけという制限をした。

まずネームプレートを黒板に貼る。
圧倒的に北海道と考える子が多い。
次に、その地方を選んだ理由を発表させる。ようやくこの段階に抵抗感が少なくなってきたようだ。同時に質問や意見をメモさせておく。
次にメモしておいた質問や意見を言う場面。それに答えたり反論ができればする場面。と、この段階で何度か話し合いがからまろうとするきざしが見られた。
いけるかも…と思わされた場面だ。
最後に、友達の考えを聞いて自分の考えを変える子が、ネームプレートを違う地方に貼り変える。中国地方と近畿地方を選んでいた子が動いた。
もう時間がなかったので、地図帳の後ろについている都道府県別データ表のようなところを紹介。

早い目にテープ起こしをしておこう。

|

« 学習園の手入れ | トップページ | ペットボトルメダカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/4134870

この記事へのトラックバック一覧です: かすかな手応え :

« 学習園の手入れ | トップページ | ペットボトルメダカ »