« 土曜スクール | トップページ | 社会見学終わる »

2005.06.14

参観と懇談会

2回目の参観授業と懇談会があった。
参観授業は、詩「晴間」(三木露風)。
授業自体はまずまず。子供たちは情景をよく想像できていた。

ぼくが直に見たことのある「うとてとこ」の実践(新潟大附属小学校で大森修氏がされた)は応用がきく。
例えば、第二連まで板書して問う。
「この詩は第二連で終わりでしょうか。それとも第三連があるのでしょうか」
子供たちは題名の「晴間」を根拠に、「二連までは雨の天気ばかりが書かれていて晴れているところが書かれていないから、三連がある」などと言う。

第三連で「空青み」のところを「空は青み」と板書して言う。
「この詩で間違って書いたところがあります。どこでしょう」
時間はかかるが子供たちはこの詩全体が五文字で書かれていることに気づく。

懇談会は前回に力を入れて方針を掲げたり実態を話したので、今回はちょっと学級から離れた事を。
「親力診断テスト」を中心に進める。
なかなか好評。

でもいつになくたくさんしゃべったので喉が痛くなってしまった。

|

« 土曜スクール | トップページ | 社会見学終わる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/4550132

この記事へのトラックバック一覧です: 参観と懇談会:

« 土曜スクール | トップページ | 社会見学終わる »