« 『遊ぶ奴ほどよくデキる!』 | トップページ | だまし絵を作りました »

2005.09.25

師匠の本

一冊の本が送られてきた。
著者は、ぼくの師匠。

師匠との出会いは、平成8年。
ぼくの前任校に、教頭として赴任されたのだ。
そして当時、研空主任をしていたぼくに、なにかと声をかけてくださったのだ。

その時びっくりしたのは、教頭職でありながら、大阪教育大学附属小学校の研究会で授業をされたことだった。
それも多分2回(2年)ほど。←ぼくの知ってる限り
さらに、誰かが年休をとると、うれしそうに、なにやら資料らしきものを持って授業に行かれてた。

こんな感じの、授業が好きで、常に授業や子どもの姿をとおして語られる先生であった。

それまでぼくの周りでは、立派な言葉は言えても、でも、実際の授業は???という先輩が多かった。
でも師匠は、違った。
授業が好きだった。
自分の思ったようになろうがならまいが、自分のなされた授業を自分の行為だけで語ってくれた。(子どものせいにせず)

その後、再び県教育研修センターへ戻られ、ぼくが研修員のときは、班長という激職にもかかわらず直接ご指導をいただいた。

1年間研修員として近くで学ばせていただいたのだが、とにかく楽しそうに仕事を進められるのが印象に残った。

そんなある日、「今、テープ起こしをしているのだが、子供たちは自分の力でどんどん学習を進めようとしているのに、ぼくが余計なことを言っている」と話されたことがあった。
まさか、今頃(だって、基本研修班の班長という役職なのに)テープ起こしなんて信じられない、…と思ったが、もしかしてこの本の上梓のためだったのかもしれない。

それはさておき、この大書は師匠の国語教育のまさに集大成だ。
国語教育に対する造詣の深さが分かる。
中身はしっとりと落ち着いた文体で書かれている。
なので、上質という言葉が頭をよぎる。
雑誌の文体とは大違いだ。

じっくり読ませていただきます。

「いよっ、ヒマ人! しっかりがんばりや」
という研修員時代にかけてもらえた声が、行間から聞こえてくるようです(^^ゞ

このごろサボってます~、師匠。

|

« 『遊ぶ奴ほどよくデキる!』 | トップページ | だまし絵を作りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/6115773

この記事へのトラックバック一覧です: 師匠の本:

« 『遊ぶ奴ほどよくデキる!』 | トップページ | だまし絵を作りました »