« やはりすごい | トップページ | ノーマイカーデー »

2005.11.21

いよいよ

いよいよ和歌山市でも二学期制がスタートするらしい。

「平成18年度より、和歌山市立中学校が2学期制を実施するに伴って、和歌山市立学校管理規則の一部を改正するとともに、和歌山市立幼小中学校の休業日の変更等に関する基準を設置しましたので、通知します」

だと。

二学期制はブームだもんね~。

授業時数確保の観点から生み出されたと思われる二学期制の考えが、三学期制を駆逐していくのでしょうね~。

ぼくに言わせれば、二学期制は「三学期制がもっていた文化(≒季節感がもたらす云々…)の破壊」に近いと思うのですが…。

また
ぼくに言わせれば、ラウンドは多い方がいいので
ゴールデンウイークで一度閉めて「そうか、今年はこういう年になるのかも…」というインターバルを入れて

再会。

という四学期制がいいなと思ったりしてますんで。

気分転換の場は多い方が、その瞬間だけでもやる気が出ますんで。←変身願望の強いぼくは。リッセットの回数が多いほどいいんで。


授業時数確保が目当ての二学期制だったら、絶対にプラス効果を生み出せませんよね。
教委の自己満足、言い訳の用意だけですよね~。

さらになんと
授業時数確保じゃなくて授業日数確保をしたいという意向があるそうな。
年間200日の授業日数確保だと。
その200日確保のために夏季&冬季などの休業日を削るそうな。

196日の授業日数でダメで、200日授業日数でOKと考えているのだろうか。
その200日の根拠は何よ。

200日の根拠は、今日の会議で質問したけど、もちろん、ない。

ということはやがては205日とか210日とかになるんか~。


授業時数、授業日数を多くすれば、世間の学力低下問題の批判をかわせると思ってる人が仕切ってるんですね~。
きっと「授業」を知らん人が。

いくら授業時数、日数が多くても、ぼくのような授業の下手なものが繰り返せば繰り返すほど、マイナスの面が出るということを知らんのですね~。

なんで「一時間の授業の中身」を言わんのやろうかね~。
えっ、それを言えばもっとピンチになるってか??

りんく

|

« やはりすごい | トップページ | ノーマイカーデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/7253051

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ:

« やはりすごい | トップページ | ノーマイカーデー »