« 研究授業終わる | トップページ | 「おこしやす」 »

2006.01.21

ICプレーヤー

持ち帰りたい人は持ち帰ってもよいと言われたそうで、これが息子のおみやげのリスニングテストに使われたICプレーヤーです。
IMG_21741

で、聴こうとすると…、すでに電池切れ。
よ~く見ると
記憶媒体は…どこかで見かけたような形ですね~。
IMG_21761


ということはこのプレーヤーはSONY製?
どこを見てもSONYの文字は見あたらないんだけどな。

ではこのメモリースティックの中身を覗いてみましょう。
容量は16メガですね。
IC1


あらら、ということでぼくのパソコンではわけわかめでした。
8月24日に作成されたということしか分かりませんでした。

まっとうな形で聴くしかないのね、と電池を交換しようとすると、
電池にはしっかり会社名が。
IMG_21821


電池切れというのはぼくの勘違いで、試験中に二度聞きされないように再生が終わるとプレーヤーのボタンでは電源が入らないようになっているらしいです。
も一度聴くためには、電池をいったん外して、電池をもう一度入れる作業が必要とのことでした。その作業でリセットされて聴けるとのことでした。
だから、電池を蓋してるカバーは10ミリほどのビスで頑丈に留められていたのでした。


息子の高校では練習機械として似たようなので練習していたらしいです。
先生から「SONYの機械で…」というような話を聞いていたらしいです。

ということで約50万人が使って
練習用機械もかなり出回ったらしくて

SONYの株価を覗いてみましょう(笑)

受験料=息子の少ない得点+16メガのメモリースティック+イヤホン+今後使えそうもない再生機

という式は成り立つんでしょうかね。

|

« 研究授業終わる | トップページ | 「おこしやす」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/8302147

この記事へのトラックバック一覧です: ICプレーヤー:

« 研究授業終わる | トップページ | 「おこしやす」 »