« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.26

『高血圧は薬で下げるな!』

『高血圧は薬で下げるな!』浜六郎(角川oneテーマ21)
白衣の着た人に測ってもらうと必ず「高いですね」と言われる。
でも、市役所などにある血圧測定器や家で測ると最高が110~130の間。
なので、白衣性高血圧症(こんな言葉はあるのだろうか)と勝手に判断しているけど、多少なりとも知識を得たいと思ったので読んだ。

血圧に関して胡散臭さを感じたのは、2000年のガイドライン。
それまで上160以上/下95以上を「高血圧」としていたものを、一気に上140/下90に引き下げられたからだ。
一気に20も。その根拠は何よと当時思った。

「どんな薬にも副作用がありますから、どの程度の血圧値の人を投薬対象にするかは、一般の内科医の判断を超えています。ですから普通、医師はこのガイドラインに沿って治療を行っています。ガイドラインに法的な拘束力はありませんが、医師が薬を使用する根拠となっているのです。患者の血圧がガイドラインの薬物治療の対象となる値を示したら、まじめな医師なら降圧剤を使用することになります。/ガイドラインは、数年ごとに改定されていますが、じつはその数値が、改訂ごとに低くなっているのです」p46
するとどうなるか。
新基準では、
「全体でこれまでの三・五倍の降圧剤が必要になります」p56
要するに、製薬会社が忙しくなるということだ。

さらに降圧剤を使用することとガン死亡との因果関係の分析もある。p97


やはり「まず薬」ではなくて、
生活習慣の改善が一番なのだ。

つまり、
適度な飲酒(あくまでも「適度」ね)
と、
有酸素運動の自転車なのだ。
(今日も雨だったので3週間も乗れていないな~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.24

参観と懇談会

授業は理科。
「ミョウバンの水溶液の上澄みにミョウバンはあるか」という課題。
けっこう盛り上がる。
でも、物が溶けるというのをイメージするのはかなり難しいみたいだ。
「塩が溶け残っている状態の上澄み部分は塩辛い。それと同じでミョウバンはある」という意見が出されているのに、「ない」と考える子が圧倒的に多い。

懇談会では昨日の幼稚園との交流会の写真を見せる。
デジカメ→テレビで。写真はこの方法が見やすいみたい。
保護者に楽しんでもらえたし、具体的な姿を知ってもらえたのがよかった。
その後、学力テストの結果から見えた課題について話す。
パワーポイントを使って説明したのだが、イマイチだった。
ぼくの話が、教師を対象にした話のようになってしまったからだ。
もっと中身を考えなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.19

持ち出し禁止

今年度からとうとう指導要録の持ち出しが全面禁止になった。
昨年までは“本来なら持ち出し禁止の物で…”という言葉は聞いたが、持ち帰って家で書いてもよかった。
よかったというより、とがめられなかった。
今年からはダメ。学校で作成するようにということだ。
通知表は、準公簿なのでぼくの学校は持ち出しOKだけど、妻の学校ではこれもダメらしい。

さて、ぼくは去年から要録をプリントアウトしている。
「総合所見…」と「総合的な学習の時間の記録」の両方をだ。

やり方はごく簡単で、一太郎の用紙設定でB4単票縦を選び、透明罫線で枠組みを作るだけのことだ。
さらに児童氏名を書いた付箋を貼る。
この付箋はもちろん印刷されない。

一枚一枚印刷するというのは面倒だが(連続で印刷して、何らかの原因で順番がずれたりしたら怖いので)もはや手で書くというのは考えられないので。

今年は妻の分も作ってやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.17

青春ア○ーゴ

6年生を祝う会には、ぼくらからの出し物ももちろんあります。
先日の会議の時、なにを歌うかということになって、候補としてあげられたのは、コブクロの『桜』と『青春ア○ーゴ』と、も一つ知らない曲。
ぼくは『桜』の方に手を挙げたのですが…、
どこでどうなったか、今朝の打ち合わせの時間で、アミーゴにしますと発表がありました????
おまけに「振りもつけます」だと言います。
おいおい、それはないやろうと思いましたけど、朝だったのでスイッチがまだ入ってなくて…それに…ま、どの曲でもいいか…という気分でしたので…。

「振りをつけると喜んでもらえるんよ」と、担当者は言うのですが、ぼくはちょっと見方が違います。
平均年齢50.5歳の集団が振りつきで『青春…』を歌うところを想像してください。
ま、低学年の子は喜ぶかもしれませんがね…。
5,6年生が笑うとすれば、それは“失笑”だと思うのですけど…。

プチ団塊世代の人間が歌う曲としては、朗々と歌えそうな『桜』の方がまだしも似合っていると思いません?
大人の迫力を感じさせられるのにな~、と。
なんで『青春…』が、祝う会の歌にふさわしいのでしょうかね~。
もしかして、力の強いおばちゃんは修二と彰が好きなのだろうか、と。

そして早々と楽譜と練習用に歌の入ったカセットテープが配られました。
通勤途上の車の中でしっかり聴いて練習せよということです。
そのカセットテープのシールには『青春アミンゴ』と書かれてました。
ビバ!
青春アミンゴ!

ぼくは帰りCDをレンタルしました。
CD6ではカセットが聴けないので。

こうなりゃ、学年で歌う曲『3月9日』にかけよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.14

バレンタインデーの贈収賄

6年生の子が帰り際、階段でぼくを追い抜きざま言った。
「ランドセルがいっぱいで、今日は、置き勉んっ!」

悲しいかな、すぐに反応できないのがぼく。

2階までいっしょに降りてその後言う。
「チョコレートでいっぱいなのか?」
「そう!」と彼。

「もてる男はつらいなっ。
○○先生からいっぱいもらったんやろ?」と鎌をかけると、

正直な彼は
足を止めて
「T先生、なんで知ってんの?」と。白状しちゃいました(笑)。


○○先生、
お子たちの機嫌を取るために実弾を放ったでしょう。
これって贈賄?だよっ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.12

一太郎&花子

一太郎&花子の06年バージョンをインストールしました。
先週の金曜日に届いていたのですけどね。なんか気分が低調でしたので…。
このシリーズはずっと買ってるけど『CG』誌と同じく、ちょっと惰性になってきているかな。
なので今回は、バージョンアップのお知らせのパンフレットを手元に置いといて“なんか、使えることないかな~”と、ときどき眺めることにしましょう。
でないと、「一太郎6.3」時代と同じような使い方しかしませんもの。

さまざまな機能を使うためにも学級通信や論文(笑)を書いてみるかな(+_+;;)\バキ!!。
本末転倒や!
でもね、パソコンを使うために頑張っていろいろ(仕事を)やるっていうのもありでしょう。
今の職場に来て動画編集に手を出したのも“動くアルバム”づくりが口実だったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく

子どもが熱中する国語の授業』伴一孝著(明治図書)のp125以降に書かれている方法で2学期末、漢字のまとめのテストをした。

その時、○○くんが94点をとったのだ。彼にとって初めてのことだ。
そして、漢字の学習について何か手応えをつかんだのだろう。
3学期の普段の漢字テストに100点をとった。
それが2回続いた。
4回目はちょっと息切れ。
5回目も90点。
以降、今まで10回テストをしたが80点以上が続いている。

こうなると波及効果も出てくる。
友だちの○△くんも頑張りだしたのだ。
二人で漢字学習を頑張っているのだ。

嬉しいですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.05

ウォークラリー

P主催のウォークラリー。
この行事は結構人気があって、今年は190余人の参加がありました。
校区内にあるハイキングコースを中心に、2時間弱の道のりを歩きます。
一つのグループは約12名。
一応先頭は6年。グループの後ろを4,5人の保護者がいっしょに歩きます。
チェックポイントは4カ所。そこでクイズをしたりゲームをしたりします。

ぼくは記録写真係を命ぜられていたのでCA900で行きました。
ちょっと二日酔い気味でしんどかったのだけど、あちこち動き回るには自転車が都合がいいというわけで。
コースには小山と言っていいほどのところもいくつかあり、そこを登るのはかなり楽しいものでした。
太ももにちょうどよい疲労感です。
最後は豚汁でおしまい。
ということで、お代わりしたのは言うまでもありません(^O^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »