« 雑務(2) | トップページ | 稀な体験 »

2006.04.01

似顔絵を描く

レタッチソフトに「鉛筆画風(輪郭抽出)」という機能が搭載されていた。
(今使っているパソコンに入っているソフトは「花子フォトレタッチ3」)
デジカメ写真を鉛筆でスケッチしたような感じにまで変換する機能だ。
これを使って似顔絵を描いた。

まずはB4用紙に「鉛筆画風」をプリントアウト。
線がけっこう薄いのでなぞらせる。
「練習です」とか言って。
それをお手本にして、八つ切り画用紙にB5やB6鉛筆で描かせる。

こうすることで絵の苦手な子でもかなり描ける。
つまり学級全体の絵のレベルがそろう。(多分、鏡を見て描くよりも)

一人2種類の似顔絵を描いた。
一枚は卒業生。もう一枚は自分。
02

卒業生の似顔絵の周りには「卒業を祝う集会」で、その子に言った言葉を書いた。


自分の似顔絵には、新入生に向けてのメッセージを書いた。
例えば「しょうがっこうでは、おいしいきゅうしょくがあるよ」など。

貼り替えに時間がかかるけど、こういう年度末、始めの掲示もありかなと。
Dvc00137

|

« 雑務(2) | トップページ | 稀な体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/9376819

この記事へのトラックバック一覧です: 似顔絵を描く:

« 雑務(2) | トップページ | 稀な体験 »