« 個人懇談会 | トップページ | 人事評価制度 »

2006.07.29

ILEC夏季国語教育セミナー@中野サンプラザ(7/28)参加記録

ILEC夏季国語教育セミナー@中野サンプラザ(7/28)参加記録

河野順子氏(熊本大学)の「『読むこと』の挑戦!-『批判的に読む』-」のワークショップに参加した。

午前は3年生教材「くらしと絵文字」の実践をもとにした講義だ。

氏は言う。
氏が初めて赴任した小学校はいわゆる教育困難校で、その子たちに「要点」や「文章構成」などといってもなかなか受け入れられなかった。
こういう経験が氏のバックボーンにあるのだ。
さらに、大学生たちに説明的文章の学習に対する経験を聞くと、文章構成を学んだ記憶があるが、それがどうよ、という感想が多い。

そこで説明的文章の学習を
「学習者の側に立つ」学びにするためにどうするか
という視点で研究されたことを
「くらしと絵文字」の実践を通して説明された。

報告実践を粗く言うと、
まず子供たちに身の回りの絵文字にたっぷりふれさせ(絵文字集め、絵文字調べ、絵文字の分類など)その後、絵文字が多く使われている理由について説明文を書かせて問題意識を持たせる。
次に「くらしと絵文字」を読み、筆者の書きぶりを批判的に検討する。
というものだ。

身の回りの絵文字について実際に考えさせる時間をとるというのが予想外だった。

ぼくが今まで知っている「批判的に読む」授業は、いわば「紙の上」「本文の上」で終わるものが多かったからだ。
3年生対象ということもあるのだろうが、実際に絵文字を分類したり説明文を書いたりすることによって「くらしと絵文字」は、絵文字のプラスの面だけしか書けていないということが子供たちから指摘されるのである。


午後は「セット教材を用いた批判的読みの育成」がテーマのワークショップ。
セット教材として提示されたのは「ブナの森は緑のダム」と「森林のおくりもの」という6年生用の教材。
この二つの教材はかなり対比的なはず。
なぜ「はず」と書いたのかというと、どちらか一つしか読めないからだ。
ぼくの読んだのは「森林の…」方。
ぼくの隣に座っていた方が読んだのが「ブナの…」。

どちらか一つを読み込み、自分がその説明的文章の筆者になったつもりになる。
そして、2人で対談(質問)をするのである。
2人で質問しあった後、4人グループでも話し合い、最終的には「森林の…」派と「ブナの…」派で大討論会をするというのだ。

この日は時間がなく4人グループの初めの方までしかできなかった。
なので、大討論会がどのように批判的読みにつながるのか具体的には実感できなかった。

しかし、ぼくの選んだ「森林の…」を読み、隣の方の「ブナの…」について質問事項を作るというのは今までに経験したことのない読み方を要求され、かなり刺激的だった(しんどかったけどワクワクもした)。


以下雑感など。
(1)
「既有の知識を元にしながら、子供の中になぜ?をうみたい。
なぜ?を言うのは教室では先生。でも休憩時間などには子供たちはなぜ?と言ってる。
授業でも、子供たちになぜ?を言わせたい。
それが子供の自分なりの見方・考え方・述べ方につながる」と河野氏の言葉。

ぼくが教師業に目覚めた頃の「初等理科教育」の考え方に似ているなと懐かしんだり…。

(2)
氏は、ご自身の授業実践を通して語っているのできわめて具体レベルの言葉で話される。具体レベルというのは、子供に言う言葉で我々に言うのだ。
例えば「書いてないことは書いていないと言いましょう。太田さんが答えられる質問をしたらいいですね」のように。
と同時に「題名読みというのは児言研が…」というように研究者らしい言葉も出る。

じつは前者のように言うのが難しいのだ。
「題名読みというのは児言研が…」という言葉は、ぼくでも6割がた言える。

(3)
日々の授業でこのような授業はできない。
それは、
教材研究を深めなければならないからだ。教材文を探しまわらなければならないからだ。
今のぼくにはできない。
でも、年1回の研究授業だったら…。この位の深さの教材研究をして授業をしてみたい。

(4)
小学校出身の氏だけあって、よく目が合った。
さすがだ。
ちなみに5月に向山氏を見た妻はあんな広い会場(江戸川区総合文化センター)にもかかわらず「目があった感じがする」なんて言ってたぐらいだ。

|

« 個人懇談会 | トップページ | 人事評価制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/11285659

この記事へのトラックバック一覧です: ILEC夏季国語教育セミナー@中野サンプラザ(7/28)参加記録:

« 個人懇談会 | トップページ | 人事評価制度 »