« ILEC夏季国語教育セミナー@中野サンプラザ(7/28)参加記録 | トップページ | 全国国語授業研究会 »

2006.08.05

人事評価制度

我が市でも人事評価制度が試行されるようになった。
(管理職は去年が試行で今年から実施)

7月にその文書が出た。
「新たな教職員の人事評価制度」という。
ぼくは「ロートル」だから、「新たな教職員云々」は関係ないやん、と思ってもダメ。
やらされます。

でもこの「新たな」の場所っておかしくないか?
「教職員の新たな人事評価制度」じゃないのか。
と思ってググってみると、なんとなんと「新たな教職員」の方が多いじゃん。
ふ~ん。
『日本語の作文技術』では「かかる言葉と受ける言葉はできるだけ直結せよ」とあったのになぁ~。
時代は変わるってか?
それとも、よほど「新しい」ことを強調したいのか。

やがてはこれ(報告文書)をもとにして給料も変わるのだそうだ。
まったく「やれやれ」の話だ。
作文技術を磨かねば(笑)。
でもその作文を見る側の人が「新たな教職員」でOKしてるもんな~。


さてその内容である。
ぼくらの場合は「被評価者が職務上の目標を設定し、その達成状況を自ら点検・評価を行う」とある。
目標や達成状況を自分で決められるからいいじゃないかとも思えるが、そう単純なものじゃなさそうだ。
上司による、目標設定面接があるのだ。
この面接で目標を修正・変更される場合もあるのだ。

研究主任のYさんが言った。
「こんなん書くだけで教員の資質が上がるって思ってる人はあほやね」
「目標を達成できなかったときに、子供のせいにする人が増えるのではないか」
ごもっともである。
ぼくも言った。
「トップお二人にもこの評価があるから、あるからこそ○○をしなくっちゃ、ということで行動を起こしてほしくない」←近頃そんな感じがするんですよね~。
「ぼくは、授業のことで書こうと思っている。その際に、授業観が違うからといって、あなたの授業観をごり押ししてほしくない」←去年の12月に出された「読解力向上プログラム」の存在すら知らない人がトップにいるのだから。つまり、校長会や教頭会で伝達されない限り知らない、知ろうとしない、教育雑誌すら読んでない人に言われたくない。←知ってれば、できるかという話はこの際、別な。

でぼくらは
「学習指導」「生徒指導・進路指導」「学級経営・特活」「校務分掌・その他全般」の2つか3つについて「今年度目標」「具体的方策」&「成果と課題」を書かなければいけない。

管理職は
「学校経営」「教育課程」「職員把握・育成」「関係機関等との連携・その他全般」の各項目ごと、「能力」「意欲」「成果」を評価するみたい。


そんな難しいこと作文せんでもよろしい。
評価基準はシンプルでなきゃ。

ぼくらを評価するなら
「研究授業を年に何回したか」で全てさ。

管理職の評価は
「留任希望が何人か」と「来年度の6年生の担任希望が何人か」で決まる。

これからは
いい気分で
というか
上司に調子に乗せられて、ついついがんばって
というようなことは少なくなりそうな制度ですな。

ま、世の中、こんなものなのかな。
今までがアマかったのかな~。
と。

|

« ILEC夏季国語教育セミナー@中野サンプラザ(7/28)参加記録 | トップページ | 全国国語授業研究会 »

コメント

「生徒が先生を評価すればいいんじゃん?」
と思いました・・・(笑)
夏休み前の最後のHRで、
「この4ヶ月、楽しかったですか〜?楽しかった人、手ぇあげてー!」
「はーーーーーーーーーーぃ!(内心:はよ帰ろうよ〜遊びたいねん!)」

で、昇給決定とか・・・。(^^;

校長や教頭って、生徒からしたら「お前だれやねん(笑)」だと思うので・・・
担任=全てですから。

間違いなく、T先生の授業は楽しかったです。

(^^;

投稿: いけだ(安易思考) | 2006.08.06 03:04

いけださん
生徒による評価も考えたのですが、
この場合、疑惑の判定(笑)のおそれありです。

ぼくの相手の小学生は、食べ物とプレゼントに弱い。
ですので贈賄されるとコロッと…。

投稿: きしゅう | 2006.08.08 07:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/11287054

この記事へのトラックバック一覧です: 人事評価制度:

« ILEC夏季国語教育セミナー@中野サンプラザ(7/28)参加記録 | トップページ | 全国国語授業研究会 »