« 新高1生来たる | トップページ | チーム »

2007.03.26

“転”は大正解

異動(内示)があった。
見事、転任。
上司がイヤで、転希望を出すという、今までにない経過だったけど…。
今後この理由がメインになるかも…。

上司と歳が近くなってくると(というよりすでに若い上司もいる)今までに見えなかったものが色々見えてくる。
ま、それはおいといて。

今度の学校は学年3学級だという。
そして多分6年。
やはりそうきたか、という感じ。

とまどうことは多いだろう。
一つめ。
チームを組んで事に当たらなければならないのだ。
二つめ。
それに、組み替えがあるのでゼロから学級を創っていかなければならないということだ。
センター時代を入れると、こういうことは8年ぶりということになる。
8年ぶりのチームプレーなのだ。苦手だ。

なので、ちょっと今、緊張気味で…。野中信行本2冊と伴一孝シリーズを読んでいる。

野中本は『新卒教師時代を生き抜く心得術60』(明治図書)と『困難な現場を生き抜く教師の仕事術』。
前者は、新卒教師に向けて書かれた本。ボクも新しい赴任先では新卒と変わらないからだ。
ただし、決定的に違うのは歳(老い)。
新採の時、家庭訪問で階段を上っていると見知らぬ方から「うちもこんな若い先生にもってもらいたいんよね~」と耳にした。
若いというのはそれだけで大きな武器なのだ。
もはや子どもとはズレまくっているボク。
心してかかるために、後者の本を手にしている。

伴本は『「向山型国語」で力をつける』のシリーズ。
先日、手放した学級のように討論ができる集団にしたいので、改めて考え方や手順を確認する必要があるからだ。

|

« 新高1生来たる | トップページ | チーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/14448992

この記事へのトラックバック一覧です: “転”は大正解:

« 新高1生来たる | トップページ | チーム »