« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007.04.17

話式を教える

「ぼくは、○○です。」「ぼくも、○○です。」と、結論から言うことを教える。

6年を担って、これを教えなければならないのだから…。

「賛成(反対)の人に言います。」と
まず、誰に言っているのか分かる言葉を先に入れることも教える。

これはこれで(ぼくの仕事としては)新鮮だが…。

もしかして

ぜんぶ

「せんせ~」に言っていたのか???

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.04.13

記憶が薄くならないうちに

■三つのクラスの中では一番おとなしい学級なんだそうだ。
だからか、ムードメーカ的存在がいない。
シ~ンとしている。
過去の経験から言うと、ボクが無理して冗談を言わなければならない学級は、話し合いの授業が成立しにくかったことが多い。

■子ども達に昨年の日直の仕事などの説明を求めても、説明が下手な子が多い。話慣れていないというか…。

■でも、もしかして、これは組み替え後、まだ1週間というところだからかも知れない。

「毎年組み替えしているから、もうみんなのことを知っているやろ?」と聞くと、予想に反して知らない子がいると手を挙げる子が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.06

新しいページ

8時30分に前任校に着くと掃除が始まっていた。
もはや懐かしく思える顔が、手を振ってくる。
校長室へ。
そして式が始まりボクの番。
「4月からM小学校で仕事をしています。
ノートの新しいページを開いて、新しい日記を書き始めている…。
そんな感じです。
さて来週、月曜日からみなさんも新しい学年が始まります。
新しい真っ白なページに
楽しいことをどんどん書きためていってください。
それではみなさんさようなら。
おうちの方によろしくお伝えください。」

式に出席していた新中1生とは記念写真を…。
(この前卒業式でいっしょに撮ったやン)
子ども達からは寄せ書き。
毎学期末、学級のみんなにクッキーを焼いてきてくれるからはドーナツ。
保護者からは花束をいただいた。
ありがたいことである。

さて、仕事で新しいページを開いたのだから
趣味の方も新しいページを開くとするかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.04.04

派閥

今のところ10時始まりなので助かっているけど…。
まずは校長室へ。
ボクも含めて10人の転入者だ。

うち新採は2人。
長らく採用がなかった時代が変わろうとしている。
確か45歳ぐらいまで「若い子が入ってこないので、いくつになっても(歳は)下から2番目さ」なんてホザいてたけど、知らぬ間にヒラの男の中では最長老…。
「え゛っ、いつの間に浦島太郎に…」という気分だ。
みなさん偉くなったのね(笑)。

全スタッフ33人。
1年から6年まで男が入る。(6年は2人)
職員室が広い。
「明るくて広い職員室ですね。声、届いてますかね?」などと自己紹介の時に言ってるボクはWojisanそのものである。

まだ給食が始まってないので食べに出る。
2日は「siki」。今日は「tessin」へ。
変化があって良い。
前の職場だと、隣町の喫茶店へ。ここしかないという感じ。
それがイヤならコンビニ弁当。
今は、選り取り見取りという感じ。一緒に行く人数が、店決定の理由になるといった感じ。
「おいしそうな店がいっぱいあって、これも楽しみです」なんてことも自己紹介で言ってるボクはまさしくWojisanである。


でもね~、2派に別れているのよね~。
すでに、びみょーな人間関係が見えてきている。
(前の職場だと、全員で同じ所に行くか男2人と女全員というパターンしかなかったけど…。)
人数が多くなると派閥ができるのですね~。
こわ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.02

チーム

9時15分着。通勤にはかなり時間がかかりそう。
ガラス張りの職員室の中からにこにこ迎えてくださる方がいる。
ボクとチームを組むY嬢だ。陰の主任である。
Y嬢と言っても中学生になる子どもがいる。
では、なぜY嬢か。
ボクの1校目に講師として来ていたからだ。その頃のイメージのままだ。
今では、県脅威に入ってほしいというオファーがある実力者なのだそうだ。
(ちなみに、脅威で勤めるには「口達者&切り返しが上手」というのが最低の条件だ)

もう一人ボクとチームを組むのは男性でMさん。35歳過ぎ。
情報教育担当で「あれ印刷して」「これ出して」などと言われている。

もう一人、学年所属のUさん。

四人でチームを組むのだ。
長老のボクが主任。

前任校では学年1人。
も一つ前の学校でも2人だったから、改まって「学年会」などというものはしなかった。

さてさて、うまくやっていけるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »