« ある種のデジタルビハインド(?) | トップページ | 遠足 »

2007.05.17

1年目のゆううつ

研究所で一緒に仕事をした人から資料を送ってほしいという電話があった。
こんな簡単なことでも、1年目の者はスムーズに行かないのだ。

①古い資料はどこにしまっているのかを聞く
「資料室」なんてものはない。今の職場では、そういうものは「PTA図書室」にあると聞く。(前の職場では、廊下のロッカーの中)
②鍵はどれか聞く
「PTA図書室」なんてタグの付いた鍵はない。
「大学生」のタグが付いた鍵で開けるそうだ。
③目的の資料を探す←これは一人でできる
④コピーする←これも一人でできる
⑤封筒を探す←多分ここら辺にあるはず…と探す。サッとは見つからない。時間にして1分前後なのだろうけどイライラしながら探して見つける。
⑥名簿を探す←相手の名前の漢字に間違いがないか名簿で確認しようとする。名簿は目につくところには置かれていない。結局、分からず聞く。
⑦資料を入れた封筒がどのようにすれば運ばれるかを聞く
火、金の連絡日に運んでもらうために、封筒をどうすればよいかを聞く。

と、まあ、こんな簡単なことでもスムーズにできないのでストレスがたまりますな~。

|

« ある種のデジタルビハインド(?) | トップページ | 遠足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/15122606

この記事へのトラックバック一覧です: 1年目のゆううつ:

« ある種のデジタルビハインド(?) | トップページ | 遠足 »