« 訂正 | トップページ | 実習ノート(四) »

2007.06.14

実習ノート(三)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
N君が算数の時間、「ぼく、説明する場所を変えてもいい?」と言ったように、全員に説明させるようにすることで、彼も授業に自ら関わってきました。私の説明だけですませていたら彼のあんな姿は見られなかったと考えます。
このようにすれば漢字を覚えられるのだ、ということを実感として分からせることで、子供の姿が変わってきます。漢字学習の時間の今のN君の姿は、一ヶ月前のものとは全然違います。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

|

« 訂正 | トップページ | 実習ノート(四) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/15461706

この記事へのトラックバック一覧です: 実習ノート(三):

« 訂正 | トップページ | 実習ノート(四) »