« メールでお知らせ | トップページ | 手応え »

2007.07.02

百人一首(2)

五色百人一首は好評だ。
「1時間、ずっとやっていたい」と言う声も聞く。

特別なことがない限り毎日している。
15時15分に6校時が終わり、教室を出すのは25~30分。(30分より早くは出せないルールがある)
この時間を利用している。

対戦は、男(16人)VS女(15人)。
エクセルで円を16等分した回転板に男の子の氏名印を押している。
台紙にも16等分して、女の子の氏名印を押している。
P1000164_1

男の子が一人多いので、対戦相手がない子が出る。
その子は、どの2人組の所に行ってもよいことにしている。
申し込まれた2人組は、その日は3人で対戦する。

初めて導入したときは、やはり反応が鈍く、大丈夫かなと心配したが、今では冒頭に書いたとおりだ。
導入して良かったと思っている。


◎女の子と男の子の手が重なり合うなんてことは、こんな機会でないとボクには作れない。

◎○子が□男に勝つという、逆転現象も3回起きた。

◎作者名を読み上げると同時に、「はいっ!」と言って取る子も現れた。

◎「はいっ!」の声が、はじめの頃に比べて数段大きくなった。

◎自由帳に百首を書いて覚えようとする子も現れた。

とにかく、この時間は1日のうちでも一番良い表情をしている。
そして
勝っても負けても、この表情のまま「さようなら」をしているのだ。

|

« メールでお知らせ | トップページ | 手応え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/15630166

この記事へのトラックバック一覧です: 百人一首(2):

« メールでお知らせ | トップページ | 手応え »