« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.27

『困った児童への言葉かけと指導』

『困った児童への言葉かけと指導』赤坂真二(学陽書房)
この本は、CoDoMoたちを送り出し、フリーになったと感じる年度末にこそ、読むべき本である。
担任している具体的なCoDoMoの名前が浮かんでこない時にこそ、読むべき本である。
その時期に(ニュートラルな時期に)読むと、自分のウイングを広げられる本である。


昨年度転勤したのをきっかけに本書と『小学校高学年女子の指導』(赤坂真二著)を買っていた。

で、読んでいるのは今。


強者が目の前にいるのだ。

そして書棚から思わず手に取った本がこれ。

そういう状況で
しらふで読むと、あまりにも生々しくてしんどくなってくる。
酔って読めば、今、自分がしている行為の都合のいいところだけが目に入ってくるのでOK。

ということで、冒頭の3行になったのだ。

「叱られたけど、数分間、教師の心を独り占めし、目立つという目的を達しました。だから、今後もこの行動は続くと予想されます」p43

「こういう子どもが、素直にみんなの前で『ごめんなさい』なんて言うことは、まずありません。この指導は、まさるさんにというよりも、クラスに対して教師の姿勢を示すのがねらいです」p53

筆者の主張がシンプルで
なおかつ
ブレないのがいい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

バスの中

以下は、Bossとボクの会話である。

B「6月1日の道交法改正に伴い、バスの乗客でもシートベルトをしなければならなくなった」「うちの社会見学は3日だから、適用される」
ボク「ということは、席の移動はダメなんですか?」
B「そう」
ボク「ということは、今までみたいに、画用紙に漢字を書いて『これはなんて読むでしょう』と、ガイドさんが出すようなゲームをCoDoMoが出したりすることは無理なんですか?」
B「そう」


昔はね
バスの中≒動く教室
なんて言われて、結構バスの中の過ごし方については気をつかったものですけど…。

これからは、
動けないという新たな状況の中で、新しい展開を考えなきゃならんとです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.26

予算ゼロ


「総合的な学習」に対する市の予算が、本年度からゼロになりました。

うちはALTの予算は国から出てますが(それでも、昨年の半減)、そうでないところはどうしてるんでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.04

気分が不安定になるとき

2月はボクにとってかなりしんどい月です。胸突き八丁の時です。
ここ何年かそう思っています。
で、そうなる一番の原因は、ボクの座標軸がずれることです。
あるCoDoMoの同じ現れでも、年度当初に見るのと2月頃に見るのとでは,ボクの受け取り方がちがうのです。

年度当初はボクの目にはマイナスに受け取れる現れでも、それは今までの指導の結果と考えます。
ところが,年が変わりゴールがそろそろ見えて来だした2月になると、目の前のCoDoMoの現れは、ボクの指導の結果なのだという気が起きてきます。当たり前ですが。
すると、「ここまでしかできていない」とか「あそこが不満足」と思うようになります。
結果、苛立ってくるのです。
そういう自分に気づいて、オッ,また座標軸がズレていると思うようにします。
この時期になって苛立ったまま無理強いをしては空回りになりますもん。

でも、今これを書いていて思ったんですが、年度当初だったら次々と手を打っていくのに、何で2月になると手を打てないのだろう。手を打っているという実感がないんだろう。

これを今年度の課題にすることにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »