« 手ごたえ | トップページ | 『ニッポンには対話がない』 »

2008.07.23

『図解フィンランド・メソッド入門』

『図解フィンランド・メソッド入門』北川達夫&フィンランドメソッド普及会(経済界)

元外交官の筆者がフィンランドの国語教育を五つの力(発想力、論理力、表現力、批判的思考力、コミュニケーション力)で分析・解説した本。
それだけで終わらず、フィンランドの国や自然についても紹介されている。

「むしろ、世界的にみても、日本人ほどコミュニケーションに細かい心配りをしている人々はいないと思います。ただし、そのコミュニケーション力は、相手が日本人の場合にしか通用しません。」p18

「品詞の性質を完全に説明できるかどうかは、それほど重要ではありません。『ミクシ?(どうして?)』と聞くことによって、なぜ自分がそのように答えたのか、改めで考える機会を与えることが重要なのです。放っておくと、生徒は短絡的な思いつきを、ただ反射的に答えるだけになってしまいますからね」p39
「フィンランドの教室で繰り返されるミクシ攻撃。容赦なく『ミクシ?(どうして)』とたずねられては、生徒たちは自分の発言を常に客観的に見直さざるをえません。こうして、論理力、さらには批判的手思考力が育っていくのです」
p39

そういえば、前の職場の研究主任のYさんは、4,5月頃は「なんで?と常に聞いている」とおっしゃっていたな。

|

« 手ごたえ | トップページ | 『ニッポンには対話がない』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/41947083

この記事へのトラックバック一覧です: 『図解フィンランド・メソッド入門』:

« 手ごたえ | トップページ | 『ニッポンには対話がない』 »