« 現状に甘んじてしまう生き方 | トップページ | ここからが難しい »

2008.08.27

Yさんの講演会から学ぶ

研究所時代に一緒に仕事をしたYさんの講演会。

若手数名を誘って聞きに行く。

Yさんの学級経営はボクにはとうてい真似ができない。
話を聞くと引き込まれるのだ。
彼の話を聞いているとだんだんその気になってくるのだ。
そういう話しぶりだ。
だから彼の学級の子たちも、彼の下でやりがいのある日々を過ごすことだろうと思う。

さて講演会である。
彼は「私の歩み」から始めた。
過去27年間で赴任した3校で、自分の授業の見方や考え方に影響のあった先生との出会い、その言葉などを紹介するところから始めた。

しかしこの導入は失敗だった。
ボクらのようにoldで彼の話の中に出てくる先生を知っている者は興味深く聞けるが、それを知らない若手にとっては退屈でしかない。
今春大学を出たばかりのMさんなどは、すぐに眠りに入った。

レジュメでは「はじめに~私の歩み~」→「今、私のめざしている授業」→「めざしている授業に少しでも近づいていくためには」→「具体的な取り組みから」→「最後に」という順になっている。
この中の、「具体的な取り組みから」は面白かった。
刺激的なものもあった。
例えば算数の割合では、文章から「割合」「もとになる量」そして、「くらべられる量」の順に見つけ出させて式に当てはめさせるという。
(ボクも同じなので少しばかり安心したけど)
と、教え込む場と考えさせる場を明確に分けている。
口調も授業を再現しているから勢いがある。
だから聞きやすい。
ここから話し始めればよかったのに。

「うまく話せなかったので伝わらないと思います。11月の研究会に授業を見に来て下さい」と言える人なのだ。

90分喋るなんてことはボクにはないけど、講演会というのは組み立てが難しいね。
まずつかみが難しい。
それに今の時代、喋りだけではよほどの達人でないと90分は無理だろう。
ビデオを見せたり、先生だったらどうしますか?というような投げかけたりする場がいるだろう。

って、これって授業の組み立て方と同じじゃないか。

|

« 現状に甘んじてしまう生き方 | トップページ | ここからが難しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/42303272

この記事へのトラックバック一覧です: Yさんの講演会から学ぶ:

« 現状に甘んじてしまう生き方 | トップページ | ここからが難しい »