« 『誘拐』 | トップページ | 猛省 »

2008.09.21

『ナイチンゲールの沈黙』

『ナイチンゲールの沈黙』海棠 尊(宝島社)

ちょっと期待はずれ。

・本編(本書)を貫く事件に関わる描写が少ない。

中心が弱い

・会話文が多い。
「 」「 」の文が多すぎ。
だから心理描写が少ない。
なので読んでいても、登場人物に対しての感情移入が少ない。

・TVドラマ化された時に笑いを取ろうとしているような文が鼻につく。

|

« 『誘拐』 | トップページ | 猛省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/42549184

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナイチンゲールの沈黙』:

» ママは太陽 [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
二人の幼い子供をつれた未亡人がニューヨークを離れ、南西部の父親の牧場に移り住む。 大自然に包まれた牧歌的な毎日から生まれる数々の騒動を描いたコメディ。 [続きを読む]

受信: 2008.09.21 21:45

« 『誘拐』 | トップページ | 猛省 »