« おやすみなさい | トップページ | スキルアップセミナー@京都に参加 »

2008.10.26

授業のビデオテープ

今年の夏休み、昔撮ったビデオテープを入れていた段ボール箱を掘り起こしました。
掘り出したのは、87年5月23日、24日の新潟大学附属新潟小学校で行われた大森修先生の授業のビデオです。

というのを前に書きました。


同時に掘り起こせたのは
『築地久子氏「公民館と市民の願い」』の授業記録とストップモーション方式による授業検討会の記録の2本のビデオでした。
日付を見ると1989.6.29/30となっています。

今はもう懐かしい気さえする「ストップモーション方式」です。

検討会のビデオを見ると、みなさんお若いこと。
約20年前といっても叱られませんもんね。

|

« おやすみなさい | トップページ | スキルアップセミナー@京都に参加 »

コメント

はじめまして。千葉で小学校の教師をしている横山といいます。gooのRSSリーダーというアプリを使って、「築地久子」をキーワードにしてたどりつきました。実は、数年前から築地先生の実践をどうしても知りたいという思いでいっぱいになったのですが、教師になって6年。築地先生の実践を見ることなく、築地先生は退職されてしまいました。ビデオがあるということをオークションで知ったのですが、そのときは落札できず、今はもうどこにあるのかも情報のない状態でした。このブログを見て、先生がビデオを持っているということを知り、誠に勝手ではありますが、コメントさせていただきました。ただでとは申しません、ダビングでも結構です。ビデオを見させていただきたいのですが・・・どうぞよろしくおねがいいたします。

投稿: 横山 | 2008.11.03 11:24

横山さん
コメントありがとうございます。

難しいこと(著作権)があるのかもしれませんが

ボクもこのビデオを若い人に見てほしいと思っていますので

何らかの方法をさぐりたいです。

投稿: きしゅう | 2008.11.04 21:50

私はこの築地先生のクラスになった事があります。
当時の私は小学生で、正直厳しい先生、怖い先生だと思っていました。私は築地先生に自己主張の事を学びました。忘れたものは忘れた、わからないものはわからない、築地先生のお陰で言えるようになった気がします。
私の親も築地先生の事を物凄く尊敬しています。当時、嫌いな先生だったとしても私は築地先生に出会えたことを誇りに思います。

投稿: えりか | 2008.12.10 17:30

えりかさん
コメントありがとう~。

ボクのような凡庸な教師にとって絶対にできないところは
「その子のここを矯めすために、この課題」というものを筑地先生が設定されていたことです。

うろ覚えですが
「この子は自己中心的な子だから、“バスの運賃は誰の物か”という課題でその子が??するのを図った」
とか
「この子達は自信がなさそうなので、“ジャガイモの芽を全部出すには”という課題を設定した」とか…。

(この課題は正確じゃありません)

ややもすると知識伝達マンになりがちな昨今

「人を育てるための授業」というのを見せてくれています。

ボクも辞めるまでにはその境地に少しでもたどり着きたいと思っていますし
若い人たちに
これが授業で人を育てることなんだと
知ってほしいと思っています。

投稿: きしゅう | 2008.12.11 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/42913237

この記事へのトラックバック一覧です: 授業のビデオテープ:

« おやすみなさい | トップページ | スキルアップセミナー@京都に参加 »