« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.10

穏やかな時間

昨日の図工の時間。
子どもたちは熱心にデザインをしていた。
静かだ

無音じゃないという状況。

そんな中、A子とB子の話が聞こえてきた。
彼女たちは席が近くだ。
だからそんなに大きな声ではないのだが、なぜかみんなが集中して聞いているという状況。

A子「なあ、B。エビス、あるでなあ?」
B子「なに?」
A子「エビス、あるでなあ?」
B子「なに?」
A子「明日、エビス、あるでなあ?」
B子「なに?」
A子「もおええわ!」
B子「エビスやろ?」
ボク「まんざいやな」
ここで笑いがおこる。
この笑いも爆笑ではない。
温かい笑いだ。

学級っていいなと感じる時だ。
ようやくここまで来たかと思える時でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.06

ありがたい言葉

この歳になると終わりが見えてきて…。
いただく言葉も変わってきます。

・定年まで勤めたいと思ってます。 若いもんに負けんぞ!
・あと5年です。 きっちり勤めて終える人が 少なくなってきましたね。
・今年で定年となりました。 今までありがとう。 あなたたちがこれからの若者をしっかり育ててください。

そ、ちょっと油断している間に若い人がいっぱい入ってきて
で、ボクは酔ったとき調子に乗って喋る。(^^ゞ

・昨年は、色々なお話を聞かせて頂きありがとうございました。 本年もご指導よろしくお願いします。

さらに

・○○小はどう?

・お元気ですか。○○小へ来る気は?なかなかいい職場ですよ。
こういうお誘いもある(笑)。 もと同僚で、今はそれぞれの女性Boss。
・今年もパワーでのりきましょう! 年賀状、毎年楽しみにしています。 相変わらず人生を楽しまれていますね!

そ、ボクは人生を楽しんでいるのさ!
ふぅ~。
(ーoー)y゜゜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.03

痴呆のスパイラル(1)

元日に届いた30通ほどの年賀状を見て母が言う。
「結婚して姓が変わったので誰の年賀状か分からない」

結婚して姓が変わるのはいったい何十年前のことだ。
でも
誰の年賀状なのか分からないことを(精一杯)言いわけをしているのだ。

言い訳をする≒(まだ)プライドがある
ということに救われる気がするが

彼女は返信を書こうとはしない。
行動はおこさない。

父は代わりに返信を書く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪夢

よりによって34人の前で仕事をしている夢を見るとは…。

新春早々ついてない。

休みの日ぐらい
おまえ
夢の中まで出てくんなっ(怒)
泣かすぞっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.02

not「義」nor「喜」but「善」

年賀状の名前の間違いチェック。
やりたくないんだけど…。
でも、新年からいつも気分悪いし…。

結果
「義」が3人、「喜」が4人。
それも全員同業者。
名前の表記には気をつかっているはずの人たちだ。
悲しいな~。

来年はこの方宛の年賀状の差出人の所の「善」をアカく、フォントも20ぐらいにしようかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.01

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
とうとう波乱の2009年が始まってしまいました。

みなさん本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
Page001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »