« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.27

講習

更新講習、1回目。

講師の教授の物言いが、まるで学生を相手にしているかのような横柄さに腹が立った。


4人一組のグループ決める時。
最後の6人は名前を呼ばれずに「あまりものはこっち」と、まあまあ人権感覚のないことったら。

それに始まり、最後まで上から目線の横柄で乱暴な言い方。

この日集まった33歳、43歳、53歳の大人を相手にしている言い方ではない。
虚塔で長く暮らしているとこういう感覚になるのか。
いや、「ネットワーク」で知り合った方々は、巨塔生活がいくら長くなってもこうなるはずがない。
多分この人は、自ら招く側の仕事の経験が少ないのだろう。


講習は、向山洋一氏、非難から始まった。
「上に行くほど、向山さんを知らない人が増えるんですよね」
「小学校から来た人で、向山さんを知ってる人、手を挙げて」
「中学校から来た人で、知ってる人、手を挙げて」
「高校から来た人で、知ってる人、手を挙げて」
「ほらねっ、どんどん数が少なくなるでしょ」
母集団の人数が違うのを利用した非難である。(人数比は当然、小学校>中学校>高等学校だ。それに、高校の教師が知らないのは当然だろう)
「ちなみに、大学の教授は、まず嫌ってますね」

ここまで聞いて、退室したかったけど、ま、6000円もかかっているので我慢することに(^^ゞ
(退室は、できないよな)

ならば完璧に応えてやろうじゃないかと、課題に出された20首を覚えるのに悪戦苦闘。
ほんま、覚えるところを紙で隠して…、
なんて何十年ぶりに、繰り替えし唱えましたよ。

そして、修了認定試験で40分間書き続けるのがしんどいこと!
シャーペンを持つ手が痛くて(中指、薬指の甲側)たまらない。
近頃手書きで文を書くのは、出張復命書に3文ぐらいが最高だものな…。
パソコンでなら、もっとマシな答案を書ける(?)

ストレス溜まりっぱなしの1日でした。
そのせいか、また痛みが復活してきたぞ。

でもプラスもあった。それは、
グループ談義で、隣に座った同じ歳の高校の先生が、歌の作者や選者について話す。
その話を聞いて、せめて常識としてのぐらいは語れるようにならなきゃ、と思ったこと。
理系だったからという情けない言い訳は、「とっくにろーじん」にとっては通用しないと思わされたこと。

以上、第一回目の報告終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.19

手ぶらで

新採の教師は、自分の空き時間に他の人の授業を見に行く、というのが課せられている。らしい。

見せるボクはこれを結構意識していて、略案を用意し座席表も渡す。
そして、教室の前から(普段の教師の立ち位置から)見てもらう。

今日の授業は、社会科「グラフの読み取り」。

全員発言、友達の発言内容に絡めた発言の練習、問題作りと解決への見通しと、じつに多くをねらっている(笑)。


そしてやってきた新採の彼女。

手ぶらだった。

唖然。

いくら講師歴が長かったとはいえ…。
手ぶらってどうよ。


砲火後、同じチームの新卒新採のTさんに。
「ちゃんとメモしてるやろな?」と聞いた。(ボクは彼を指導する立場)
彼は、「はいっ」と応えた。


ま、見せる側にも「えっ、今日やったん?どうしようかな」と緊張感を欠いた者がいるから、手ぶらになるのも仕方ないか…。

でもな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.17

正解を告げないと…

~学級通信から~

パン屋のおばさんは、何円損をしたのでしょうか?の授業はいかがでしたか?

授業終了時、「正解は?」と尋ねる子たちに答えませんでした。
『知ってるけど、言えない』と言うと、ブーイングがおこりましたね。

でも、昨日今日、
「家でみんなで考えてみた」や「実際に役割してやってみた」と嬉しいことを言ってくれる子が何人もいました。

答えを言わないことに対しては
も一つねらいがあるのですが、これは企業秘密です(笑)。


※記事を線で囲みたいけど、いまだにやり方が分かりません(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.16

教師が指名しないと…

Kさんが、算数の時間、何でこの順番に掛け算をするのかを説明した!


「指名なし発表」じゃなくて、教師が指名する形をとっていれば、この子の声を聞くのはまだまだ先のことだったろう。

今年は“変形指名なし”になっている。

言いたい子が、いっせいに立つのだ。
10人近くの子が常に立っているという感じだ。

ほんとは、言う子が立って…というようにしたいのだけど…。

でも、言いたい子が何人かが立つので(特に、注目されないので)この日、彼女が立ったのだろう。

というプラスの結果が出たので
手応えを大事にしてしばらくこのままいきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.15

参観日と懇談会

参観日。
パン屋のおばさんは、何円損をしたのでしょうか?の問題。
黒板に図を書いて説明する子が続出。

懇談会はパワーポイントを使って。
メモをとってもらえたからまずまずかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.11

こだわりなさ過ぎ!

研究授業後の協議会で授業者が、発言者数の少なさを嘆く。

なので、メインの発問後、考えを書かせる時間を取ればいいのにと言うと、

そんなやり方、聞いたことがないと言われる。
(書かせるのは、授業の終わりと決まっているかのようだ)

メインの発問の後も5秒も待たずに指名する。し…。

5秒で言える子は、極端に言えば
放っておいてもよい子でしょ。


こうして発言しなくても(その5秒をやり過ごせれば)OKと思う子が増えていくのだ。な。


そして、
協議会は
教師にとって都合の良い発言をした子のせりふをつないで
[すごく考えていましたね]

シャンシャンで終わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »