« 補足 | トップページ | 『道の先まで行ってやれ!』 »

2009.08.17

講習(4)

今回は80キロほど離れた紀中の田辺市で。
これだけ離れるとうっとうしい行進(?)講習もTOSSのセミナー等の参加気分になってしまうから不思議なものです。

この講習を選んだのはシラバスの講習内容に次のように書かれていたからです。
----------------------------------------------------------------
「読むこと」の授業で子どもたちに習得させる知識は、文章に書かれた事件・事柄そのものではありません。これらの知識であれば、授業を受けなくても自力で読み取れる子どももいるはずです。子どもたちが授業を受けるからには、子どもたちが自力では気づかないような未知の知識・技能を意識した授業づくりが教師には求められます。
----------------------------------------------------------------
これを読んだとき、我が意を得たり!でした。
で、酔いも手伝ってブチッと。

でも過去に実践した授業の実践記録が要りました。
で、とりあえず4月下旬から実施する「新しい友だち」を録音することにしました。
指導案でもよかったようですが…。
自分に還ってくるものとしては圧倒的に録音の方が勝るでしょう。
夏休み早々にテープ(ICレコーダーで録ったものですが)起こし開始。

事前の準備が要るせいか、受講人数はなんとたった8人!
今までは60人定員の教室がほぼ埋まるという規模だったのが…たった8人!

講義の方は、「おっ、実践に役立つじゃん」と思えるものでした。
例えば「白鷹さんの心意気」と「古代の釘のみごとさ」を対比させる発想は今までボクにはなかったものです。

講師の方の話し方も丁寧で、全体の枠組みを示してから詳しく述べるという言い方で、たいへん聞きやすいものでした。
でも、とても真面目で融通が利かなさそうな感じの方だから卒検がちょっと心配。
なぜなら、だらだらとなら書けるけど何かを論ずるのは難しいし、
問われていることに対してズレているのが書いている途中分かってきたし…。
それに、チェックする枚数がわずか8枚と少ないことだし…。
精査されたらヤバイ。

|

« 補足 | トップページ | 『道の先まで行ってやれ!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/45965413

この記事へのトラックバック一覧です: 講習(4):

« 補足 | トップページ | 『道の先まで行ってやれ!』 »