« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.26

お神は細部に…

12月9日に同じ学年のTさんの研究授業があった。
Tさんにとって、45分がとてつもなく長く感じたことだろう。
「頭の中が真っ白になって…」と彼は言った。
全員に見られるのは初めてだもんな~。
無理もない。

しかしこの数日前に、隣のY嬢の学級でTさんが授業をやったときには、彼は“できる”という感触を感じたはずだ。
授業後の学年会で“自分の学級でもできるだろう”という雰囲気を漂わせていた(笑)のだ。
しかし実際の自分の学級では発言が続かず、長い45分になったのだ。

「どんな気持ち?」がメイン発問で、せいぜい「みんなはそんなこと言うけど、この時の○○は、~やったんと違うん?」という?な切り返ししか使えない、うちの「どう説く」の授業の怖さがここにある。
さて、そんな「どう説く」の授業の本質(?)に関わることは置いといて。

授業後、ボクがTさんに言った、彼の気になるいくつかのパフォーマンスについて次に書く。

①立ち位置…Y嬢の学級では真ん中の方にかなりいて、手刀も使えていたのに、何故か自分の学級では、向かって左側の教卓の所に停滞。おまけに時々、下を向いて何かを見ていた。
②復唱…子どもが発言する度に、似たような内容を復唱する。
③靴音…スニーカーの音が大きい。
④腕組み…かなりの時間腕組みをしていた。腕組みは拒否の姿勢(と教えられたことがある)。

と、
ここに見えるくらいのことは、新採を指導する教師に、とっくに指摘されていなければならないことだと思うけど。

ボクの戯言を聞いたTさんは言った。
「そんなにいっぱい意味があるのですか!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.20

片山右京の記者会見

片山右京の記者会見に、なんで遺族からの音声を流す必要があるんだろ。

取材者は
というか
場を設けた人は

ドラマ仕立てにしすぎてる。


遺族の方は
まさか、あんなの場で流されるとは思ってもないだろう。


記者会見などの状況が全く分からないボクは言うが


流したヤツは
人としての痛みが分からないヤツだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.12

異議あり(3)

「わらぐつの中の神様」の授業で、
『大工さんはおみつさんの何(どこ)を好きになったのですか』と問うた。

7人の子が、「いっしょうけんめいなところ」と言った。

何に一生懸命なの?と聞くと。

売れないのに、朝から昼近くまでわらぐつを一生懸命売っていたことと応えた。

今までこの教材で同じ発問をしたことはけっこうあったけど
こんな応えが帰ってきたのは初めてなのでびっくりした。


「大工さんは、朝から昼近くまでおみつさんの売っているのを見ていたの?」と聞くと


(電柱の)かげから見ていた。
と答えた。(3人/7人だけど)


これを
「どう説く」の時間で
ストーリーテラーを養成している弊害だと言っては言い過ぎか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.11

異議あり(2)

方法を云々するような授業は求められていないらしい。
理由は、心を育てるというのを目指しているからだという説明を聞いた。
(よくは分からないけど)
だから「マジシャンはどうしたらいいでしょうか?」
というような発問は、うちでは考えられないということになっている。
この発問は、方法を考えることにつながるからだ。そうだ。

ここでは争わないことにしよう。
今さらボクに土俵は作る馬力はない。

うちでよく言われているのは「気持ちを勉強するのが『どう説く』の授業です」である。
だから過去の集録を見ても、発問は「この時の○○はどんな気持ち?」のオンパレードである。

メチャメチャ簡単な発問なのに、研究会前、どうしてあんなに遅くまで悩む必要があるのだろうかと思う。
でもこれは実際にそんな授業をやったことのない者の戯言なんだろう。多分。

酷語の授業で、直接気持ちを問わず間接的に問うということをモットーとしてきたボクにとって「この時の○○はどんな気持ち?」という問い方はかなり楽だと言える。
それに、この問い方は誰でもできる。大学生だってできる。

ん~。

でも、先生方があれだけ悩んでいるのだから、まだまだ深いものがありそうだが、今のボクには分からない。

問いを出した後、教師の望んでいる言葉に誘導するための返し方を考えているのか?


それに
例えば
「この時のマジシャンの気持ちはどんな気持ちだったと思いますか?」と問われて、
ある子が「この少年も、やがては自分みたいなマジシャンになってくれると願っている」と答えた子がいて、
じつは、その答えは協議会で絶賛されたのだけど、ボクは鳥肌がたった。

そして
ボクにはそのようなストーリーを創る才能がないらしく、ここに来て何度もそういう(codomoの)発言を聞いても答えられるようにはならない。

つまり
「この時の○○の気持ちは?」と聞かれて、
答えられる子はどんどん答えていけるけど、
どのように考えたらその気持ちが浮かんでくるのかを疑問に思ってる子にとっては、
その子(すごいことを言った子)の発言は、他の子の学びにはつながっていない。のではないか。
そうだとすれば
この聞き方は、一斉授業でOKなものなのか。などなど。

ということで
うちの「どう説く」の授業は、ストーリーテラーを創っているようにしか思えないボクにとって、勤めるのはしんどいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »