« 育ってないな~(2) | トップページ | 「立候補」できるということ »

2010.01.24

悪文

光村図書『国語五下』に、「ニュース番組作りの現場から」という文がある。
第10段落は次の通り。

同時に、全体の構成に合わせてディレクターが放送用原稿を書き始めます。放送用原稿には、アナウンサーがビデオ映像に合わせて読む文章を書いて入れます。この文章の書き方には工夫が必要です。耳で聞いて分かりやすいように言葉を選び、初めに結論を言い、理由を後から述べるように書きます。一文は短くして、主語と述語の間を、なるべく空けないようにします。さらに、ひと目で分かるように、地図や表なども用意します。

ここで「文章の書き方の工夫はいくつ?」と問う。

私の解は、
①耳で聞いて分かりやすい言葉を選ぶ
②始めに結論を言い、理由を後から述べる
③一分を短くする
④主語と述語の間をなるべく空けないようにする
の四つである。

「地図や表など」は、「アナウンサーがビデオ映像に合わせて読む文章」の中には入らないだろう。それは多分、視聴者が「ひと目で分かるように」するためのものだろう。
「地図や表など」をこの段落のこの場所に入れてしまうのはマズいんじゃないか。

検討前でも次のように書いている(子もある)。
今日、国語で「ニュース番組作りの現場から」をしました。
工夫は何個あるかで、
①耳で聞いて分かりやすい言葉を選ぶ
②始めに結論を言う
③理由を後から述べる
④一文を短くする
⑤主語と述語の間をなるべく空けないようにする
⑥ひと目で分かるように地図や表なども用意する
という①~⑥までのだけど、
⑥の「ひと目でわかるように地図や表など」のは、文章を書く工夫ではなくて他の工夫だから変えようという気持ちもあります。
どうなるか楽しみです。

|

« 育ってないな~(2) | トップページ | 「立候補」できるということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/47377578

この記事へのトラックバック一覧です: 悪文:

« 育ってないな~(2) | トップページ | 「立候補」できるということ »