« かな漢字変換ソフト | トップページ | 学校の「研究」はいつ終わるのか »

2010.02.20

「第5回 基礎学力を保証する授業研究会in千葉」に参加しました

約1000人が参加した模様。
これだけの人数が廊下を移動するとどうなるか。
人の流れに身をまかすしかない。のだ。

1限の授業は、松崎力氏の5年生社会。
2限は、谷氏の「発酵」についての授業。
3限は、伴氏の「事実と意見」の授業。

飛び込み授業ってめっちゃ難しいものなんだな~と改めて思う。
自分の学級なら、今の時期では当然のようにとおっていることが、4月はじめの頃のように、度に指示をしなければならない。

おまけに、その学級が今までどのような鍛え方をされているかも分からない。
だから、ザザッと手が挙がるのが当然の日々を送っている教師にとっては、ポツポツとしか手が挙がらない姿を見るとリズムが狂う(意気消沈する)だろうな。
そして、
それを当然のこととして授業をするのだからすごい人たちだ。

|

« かな漢字変換ソフト | トップページ | 学校の「研究」はいつ終わるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/47645280

この記事へのトラックバック一覧です: 「第5回 基礎学力を保証する授業研究会in千葉」に参加しました:

« かな漢字変換ソフト | トップページ | 学校の「研究」はいつ終わるのか »