« 数多くの考えが出せるということ | トップページ | 所見はラブレター »

2010.12.19

吟味読み

『ニュース番組作りの現場から』(光村図書五下)は、全12段落で構成されている。
序論は第1段落。
「ニュース」「特集」などの定義が書かれた後、「ここでは、あるニュース番組で、防災訓練が特集として取り上げられるまでの過程を見てみましょう」という誘いの文に続いて、第2段落から本論が始まる。

本論は第2段落から第11段落まで。
山梨県が富士山の噴火に備えた初めての避難訓練をするということを特集として取り上げる過程が時系列に書かれている。

結論は第12段落。
ここにはそれまで述べてきた「特集」のことは全く書かれていない。

第12段落は次の通り。
「報道スタッフが感じたおどろきや疑問は、ニュース番組を作るときの大事な出発点です。こうしたおどろきや疑問にもとづいて取材を進めるうちに、答えが少しずつ見つかり、やがて、伝えたいことが決まります。報道スタッフは、それを分かりやすく伝えるために、インタビューやさつえいなどをして、材料を集めます。その中から、見ている人に知らせるねうちがあると思うことを選び、また、知って考えてほしいという願いをこめて、ニュース番組を作っているのです。」

厳密に言うとこの段落の「ニュース番組」は「特集」でなければならないだろう。
もっとも「特集」は「ニュース番組」の一部だから「ニュース番組」でもいいのだという言い方もできるかも知れない。
しかし「疑問にもとづいて取材を進めるうちに、答えが少しずつ見つかり」「伝えたいことが決ま」ってくるのは「特集」の方だろう。

結論が飛躍していると言ってもよいだろう。
この結論部の飛躍を授業した。
(「吟味読み」は秋田大学 阿部昇氏が提唱されている)

|

« 数多くの考えが出せるということ | トップページ | 所見はラブレター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/50339566

この記事へのトラックバック一覧です: 吟味読み:

» 光村図書 カレーライス [超旬ニュース]
地球の遊び方・さすらい人幻想曲 最近、産経新聞の評判がかなり悪いらしい 文科省の検定を通過した4出版社のうち教育出版と日本文教出版、 光村図書の教科書が、陛下ご自身が写った写真を説明する際に「文化勲章を授与する天皇」「インドの首相をむかえた天皇」と表記していた。 過去の小中高の教科書でも「仁徳天皇陵」の記載が ...(続きを読む) ぐうたらワーキングマザーのぐうたら生活:説明文の読解と図形問題 今回の例を考えると(ちなみに光村図書です). 第1段落:テレビで会場全体が映し出されている. 第2段落:コ... [続きを読む]

受信: 2011.01.13 18:37

» 光村図書 年間指導計画 [アイスクリン強し]
光村図書版国語1年..... 【送料無料】光村図書版小学校国語(1年用)..... 吟味読み 『ニュース番組作りの現場から』(光村図書五下)は、全12段落で構成されている。 序論は第1段落。 「ニ ... [続きを読む]

受信: 2011.01.14 13:13

« 数多くの考えが出せるということ | トップページ | 所見はラブレター »