« 成果 | トップページ | 趣意説明があれば… »

2011.02.22

何で今まで…

日記指導がらみの話。

新採の頃はノート2冊持たせて書かせていた時期もあった。(学年の先生方がやっていたのだ)
ボクの「返事というか一言」は、放課後や持ち帰って書いていた。
今から思えば、時間が多かったのだ。

やがて、その日のうちに「返事というか一言」が書けるようになり、1冊でまわっていた時期があった。

ところが、「返事というか一言」が徐々に休憩時間に書けなくなり、
(休憩時間に採点したり他のノートを見たりするようになったので??←ほんまか?)
&(持ち帰りもしないので)、
とうとう、今の学校では、日記用に持たせたノートが行事作文ノートになってしまっていた。
つまり、大きな行事があったときだけ書かせるようになってしまっていた。のだ。

ノートを使い切れない…。

書くことは宿題にはしない。
宿題にすると書かない子が現れるから。
(宿題をしてこないorできない子に対して、「なんでしないの?」と関わる時間がもったいないから)
15時15分に授業終了してから25分に「さようなら」を言うまでの10分間を書く時間に充てていた。
ところがこの時間には百人一首もしたいし…と、結構悩ましいものだ。

昨日。
みんな一斉に書かせる必要はないということにやっと気づいた。
何で今まで気づかなかったのだろう…。

一斉に書かせるから「返事というか一言」を34人分、書くのを負担に感じていたのだ。
そして、やがて、ついつい大きな行事の時だけになってしまっていたのだった。

それを
1週間のうち、2日(2回)書ける時を選んで書いてくるようにするのだ。
(書く内容は、今まで通りに「その日あった授業の中で一番印象に残った1時間のことを書く)

昨日から始めた。

今日、ノートを出した子は12人。
2回分(2時間分)を書いた子は2人。
その2人のノートは預かって、残りの10人のノートを返す。

ここしばらくナッシングだったから、これでも量的にはプラスだ。

何でこんな工夫ができなかったのだろう。

仕事の
生活習慣を打破するのは

アルコールを止めるのと同じように難しいな。

|

« 成果 | トップページ | 趣意説明があれば… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/50943365

この記事へのトラックバック一覧です: 何で今まで…:

« 成果 | トップページ | 趣意説明があれば… »