« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011.03.29

CT検査

15時、日赤へ。
CT検査。
初めての時には感じなかったショックを感じる。(それとも、もう覚えていないのか)
目を開けたかったけど、コワくてできず…。

結果、圧迫されていたノーミソも順調に大きくなり、
「もうこれでいいでしょう。もし、また何かあれば来て下さい」ということで卒業。
検査代が4000円弱。
選別用にと、持っていてよかった。

病院のにおいは苦手だな。
これも自分が入院していたときには気にはならなかったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.28

年度末あれこれ

10数年前ならね、終業式の24日に全ての仕事を終えて、職場には行かず、全く違う生活をしていたつもりなのだけど…。
この頃は、とにかく出校しなければならないから、全然節目がこない。

そういえば、ここ4日間、要録を広げ、お菓子を食べながらおしゃべりをしている一団がある。そのうるさいことったら…。

ボクの場合、要録は印刷するので、前日の準備に時間がかかるけど、印刷自体は「総合」「所見」2カ所で1時間で済む。
あとはゴショゴショ手書きして4時間弱で『要録』と『健康』の2冊が終了。

その後、新年度用の教室机・椅子の移動の段取り。
職員図書の手入れと帳簿(?)チェック。←今年初めて経験する役。
こんなの仕事のうちには入らないけど…。

下は、31日の離任式に配る学級便りの最後の部分。
(もはや24日に間に合わそうという意地はない(笑))
………………………………………………………………………………
□ 底抜けに明るくてパワフルな子どもたちでした。
毎日、授業をするのが楽しみでした。
この子たちのおかげで、ここ数年来トライしたいと思っていた学習方法を導入することができました。

□ そして、私に新たな目標を作ってくれた子どもたちでした。
それは「やめるまでに『この5の1』を越える学級を作りたい」という目標です。
(残された時間は多くありません)

□ 保護者のみなさま
行き届かないことが多々あったと思いますが、温かく見守って下さり、ありがとうございました。感謝しています。

これで
第26代目
□☆組を終わります
………………………………………………………………………………

恵まれていたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.27

日曜日の仕事

昨日は少しスマホで遊んだので、今日は公簿の準備日。
昼ラーと食材買い出し以外、真面目にお仕事。
16時、終了。


今朝
「やっぱりブリキ細工みたいになっちゃったな~」とぼやいている夢を見た。。。

そういうところへ
「分解中」のメール。
そう、まだ、分解中なのだ。
ボクはとんでもない選択をしてしまったのだと、今さらながら思った。

でも
とんでもない選択をしてしまったというのは、今に始まったことではない。

18に大学を○○に決めたときから
ずっと
とんでもない方を選択して(しまって)生きているのだから…。

大学・仕事・結婚相手・…と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.26

Evernoteを使う

とりあえずEvernoteを使ってみることにする。
まずはパソコンに。
これは慣れているのでドキドキしない。
L-04でのダウンというのは初めてなのでちょっとドキドキ(笑)。
早速試してみると、これは使えるかもという感じ。
今のところはテキストだけだけど、ボクの仕事にはこれだけで十分。
クリエ代わりになるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.24

第3ラウンド終了

第3ラウンドが終了した。
サプライズ好きなcodomoたちは、寄せ書き、手紙、花束等々を用意してくれていた。
ホンマにありがたいことだ。

そして昼食時、
ボクはチームの新人の○○くんが休みを取らずになんとか1年間勤められたことを喜び、
彼の背中を叩いたり彼にアドバイスをしたりしてくれたチームの2人の女性にお礼を言った。
彼女たちは、ボクには出来ない精神面のリードをしてくれた。
ありがとうございました。


そして内示。
嫁さんが異動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.18

卒業式

2時間余り、会場で座っていたけど、去年ほどおなかがしんどくなかった。
なぜだろう。
(式服を着ていたのは都合4時間。23歳の時の腹囲に戻ったのか(?)まさか)

卒業生から手紙をもらった。
======================
(略)
6年になっても通ったときに
「よっす!!!」「「よっ!!」と返事を返してくれたり、よく話してくれたりしてうれしかったです。
でも、やっぱりいつもマイペースだなといつも思いました(笑)
(略)
======================
ありがたいことだ。
でも、みっ、見抜かれている!(笑)
ボクの5分の1しか生きていない子どもに。(女性は鋭いね!)

午後、5人の女子高生が訪ねてきた。
高校の合格発表の日なのだ。
4年前、赴任した年、送り出した子たちだ。
思い出話に花を咲かせる。
ありがたいことだ。

3連休は期末ジム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.09

教室が広い

砲火後
隣の新人○くんがボクの部屋に来て言う。
「いつも(床)きれいですね」
「さっき、テストだったのでちょこっと掃いたから」とボク。

ここ4,5年、なぜか分からないが、床のゴミが気になるようになってきた。
子どもたちの掃除ができていないと判断すると、休憩時間にやり直しをさせるが
そうでもないときには、自分が掃く。
マイ箒&マイちり取りが教卓の近くにある。


さらに彼が言う。
「教室が広く感じます。同じ面積のはずなのに…とても広く」

彼が言うには、
学習の跡が残るような掲示をしなければならないと新採指導教官に言われ
画用紙に公式などを書いた物をツーダウンクリップに吊していったところ
(古いのを外さないのが彼だ(笑))
廊下側に 壁ができてきた
と言う。
だから、だんだん圧迫感を感じてきたと言う。

「ま、今年は言われたことをしなければ仕方ないから…。来年は自分の思い通りしいや」
と言った。

<「学習の跡」について続く>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.06

趣意説明があれば…

子どもの文である。

………………………………………………………………………………
(略)
がっそうの練習では、S先生がテンポをもう少し速くと言った。
あれっ、前は、ゆっくりあわてずにやろうといっていたのにすぐ指示が変わる。
ほかにも「がくふから目をはなすな!」から「先生のしきを見る」などすぐ変わる。
(略)
そういうのはやめていただきたいといつも思う。
やってみると、けっこう上手にできた。
(略)
………………………………………………………………………………

教師側から見ると、この指示はレベルアップさせるための指示だと分かる。
でも、やや歌が苦手なこの子にとっては(音楽も苦手なのかもしれない)、その指示をネガに受け止めている。
教師の思いが伝わっていない。

進歩を認める一言があれば、また違った文になったかもしれない。
…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »