« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011.07.31

発作

昨夜から例の本格発作(痛&涙)。
場所はいつものように足首じゃなくて脛。
脛は初めてだ。
足首に体重がかけられるので、いつもほど無様な歩きではないが…。
身体を振り振り歩いている。アヒルの歩き方になるのだ。

午前中は痛くて伏せていたので、午後から開始。
見通しどおり4時間で悶火省事業の資料、その一が完成した。
ボクにしては多く、24ページになった。
ま、実践記録なので授業記録がかなり多いけど。
さてこれをどれだけ載せてもらえるのだろうか。

時間は早いけど、かんぱいすることにしよう。

明日は登校日。
痛み止めでしのげるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.29

国語の研修会

午前は、採用4年目の人の実践報告。
討論の授業に憧れているとのこと。
学級便りを基にした報告である。
「わらぐつの中の神様」の記録が載っている当該号数が140号!
燃えているのだ。
(そういえばボクも若い頃、「一つの花」の全時間テープ起こしをして、学級便りに載せたこともあったな)

子どもたちどうしの投げかけの言葉、「○○ちゃん、どうですか」という話式が参考になった。この子どもどうしの投げかけが、なかなかボクの授業では現れないのだ。このことはつまり、子どもたちで話し合っているように見えて、実はボクに言っているのかもしれない。

報告の途中で授業のビデオが流れる。指名なし討論だ。
疑問を感じたことがひとつ。
意見や立場が変わるとネームプレートを移動するのはよく見られることだ。
その学級ではいつでも本人が動かしに黒板の所に行けるのだ。
疑問は、黒板に向かって歩いている子は、今誰かが話していることを聞けているのかというものだ。
(話している子の方を向いて聞かなければならない、なんては思っていないけど)

質疑では
「時にはじっくりと考える時間が必要なのではないか。盛り上がればよいというものではない」という意見が出される。
やっぱり出ましたか、という感じ。
彼の学校のテーマが「伝え合う」で、彼は「伝え合うことは話し合うこと」と考えて日々取り組んでいる。その一環としての報告である、と報告の最初に言っているにもかかわらずである。

「時にはじっくりと考える時間が必要なのではないか。盛り上がればよいというものではない」の後に、例えば「じっくり考えていないから、今の授業のビデオの子どもの発言は○○と言うだけで、これでは根拠として弱い」のように報告に戻らなければ説得力はない。
彼は「10分なり15分なり考えさせて、友達とも相談させて、すると全体で話し合う時間が少なくなって、そこのあんばいで苦労しています」とさらりと返した。

その後、附小の先生による授業で午前は終わり。
午後は、授業検討会と講演。

充実した1日だった。
やっぱり外に出て行かんとあかんね。
でも、行くたびに、居場所が狭くなっているのを実感するのも事実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.26

テープ起こし(2)

自転車で出勤。

9時30分からテープ起こしというかビデオ起こし開始。
途中、30分の昼休みを入れて15時完成。
自分の弱点がいっぱい見えてくる。
それがテープ起こしだ。地味だけど。
授業後の協議会で脅威の人にほめられていい気になっていたのが、ざまはない。
これも起こして初めて実感として分かることだ。

おまけに職場のノートパソコンはATOKじゃないので変換下手でイライラしっぱなし。
例えば、「何かイヤになってくる」→「何回や担ってくる」だし
「車止める人」→「来るまとめる人」に「自転車泊める人」。
今時珍しいくらいトンチンカンな変換ぶりだ。
自分のはATOKの関西弁モードだから、よけいに鈍くさく感じてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.22

テープ起こし

去年の12月に報告したのを悶火省事業の冊子に入れることになった。
報告のときには授業のビデオを視聴してもらったのだが、冊子となるとテープを起こして文字で載せないといけない。
しかし、職場に置いているレッツノートR7は、なぜかmpegファイルを再生できない。なぜだろう。
で、リアルプレイヤーなどを入れたりして時間が過ぎ、けっきょく起こせたのは報告でパワポにwmv形式で貼った4分間の部分のみ。
この後どうするかな。
「おこしやす」を使うのなら、mpeg→wmvに変換せんとあかんみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.19

警報発令

10時20分に暴風警報発令。
朝の打ち合わせで、渡すものは早く渡すこととなっていたので、この時点ですでに通知表など配りは終了。
夏休みの宿題などをさせ、給食までの間を過ごす。
給食は夏野菜カレー。(今夜の夕食はカレーだと嫁さんは言ってたな。ちなみに朝は初カレーBARだった)
13時30分、下校完了。
小雨。風はない。
することもないので、時間休を取って久しぶりに書店へ。
でも、スマホのエバーノートにメモっていた本には巡り会えず。
やっぱり読みたい旬の本は、アマゾンだなとか思って帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.18

夏の遠征

今年の夏の遠征は、
『学び合い』と「読み研」かな。
申し込みはいずれもまだ。
宿泊手配は、前者完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと遅いな台風は

もくろみでは、19日に再接近して臨休になって、悶火省がらみの会議をやってから年休を取って帰るつもりだったけど…。
どうやら再接近は20日みたいだ。
ということは、明日(19日)例のものを渡さなければならないということか。
ま、脅威から1日前にでも渡せるように準備せよというお達しがあったけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.11

結果が大事

明日から個人面談。
それ用のボクの「知子の情報」の記録を見て、チームの二人はビックリしていたけど…。
そんなのなくてもできるのなら、それに越したことはない。
そんなことより「どれだけ力をつけられたか」で仕事を測るべきなのだ。
いくら“それ用のいいわけ紙”を用意しても、それは保護者へのはったりにはなったとしても、ボクらの仕事の結果には結びついていないのだ。

国語の「まとめテスト」.
芳しくあらず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.08

蝉の鳴く日

二日ばかり静かだった蝉が、今朝、鳴いていました。
こういう日は暑くなるとの予想通り蒸し蒸しでしたね。
終業間際にはへろへろ。
ソッコーで家に帰りカシッ、プシュ~、グビグビを。
これがなければやってられない。
どうやら梅雨が明けたようだ。
さて週末はジム開始かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »