« 向山洋一『デジタルアーカイブシリーズ「雑草のうた」』を聞いて | トップページ | 住みにくくなったものだ »

2011.08.30

向山洋一『デジタルアーカイブシリーズ「雪(三好達治)」』を聞いて

この授業は、一言で言って、温かさに満ちています。

まだ読み方を教えていない「三好達治」を「さんこうたつひろ」と読んだ子に言う言葉。
「いや、いいんですよ。そうじゃないかなと思ったんだからね」
そして、読めない漢字を「わからない」といった子をほめる言葉。
「わかりませんと、それはそれで立派ですね」
文字ではもちろん伝わらないが、声の調子が温かいのだ。
でも、それだけですまさない。厳しいチェックも入る。
「立派じゃないのは、○○さんと○○さんでごまかそうとして、通過ですね」と。

この授業は問題づくりがメインの授業なので、一問できたら持ってこさせる。
そのときかける言葉の優しいこと。
解説p77に次のように書かれている。
「向山氏は、子どもの考えを否定しない。子どもの言葉そのまま受け取って繰り返す。」
具体的には
T「何だと思う」
C「雪」
T「雪だと思う。はいわかりました」

T「どんな屋根ですか」
C「犬かもしれない」
T「犬かもしれない。なるほど」のように繰り返している。
このときの声が聞いていてとにかくホッとする声なのだ。

この授業は2月におこなわれている。
2月になってもこのような温かい言葉かけを続けておられるのだ。
(ボクだったら、温かい言葉は、お互いの探り合いの時期の5月までだ(+ _+;;)\バキ!!


「屋根」を「へや」と明らかに読み違えているのに、その時、子どもたちのざわめきや「やねやで」という声が入らないのはなぜだろう。
聞いていないのではない。
読み違いに対して他の子のチェックが全く入らないということでもない。

ここはもう少しボクの学級と比べて考えなければわからないところだ。

|

« 向山洋一『デジタルアーカイブシリーズ「雑草のうた」』を聞いて | トップページ | 住みにくくなったものだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/52605125

この記事へのトラックバック一覧です: 向山洋一『デジタルアーカイブシリーズ「雪(三好達治)」』を聞いて:

« 向山洋一『デジタルアーカイブシリーズ「雑草のうた」』を聞いて | トップページ | 住みにくくなったものだ »