« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012.01.28

駐車場代

今から20年ほど前の話。
中心部の学校に異動した人が自分で探した駐車場が月8000円。
年間9万6千円。5年勤務したとして、48万円!
この自腹は大きい。
今ではいったい月いくらするのだろう。

前の学校は、田んぼのど真ん中だったのに地代として集めていたので確か年間4千円/人。
ちなみに、今のところはタダ。
これだけでも今の学校にいる価値がある(+ _+;;)\バキ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.16

月曜日の正しいあり方

2日間休んだ次の日は、
やっぱり朝起きにくくて、頭もシャキッとしていなくて…。
何とか職場にたどり着いたけど…。

そ、これが正しい月曜日の姿なのだ。
9日に書いたことは、ごくごくまれな気分だ。

仕事は順調。
外は寒いが、教室の中は笑い声で温かい空気に満ちている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.09

さすがに

年末と年始に年休を取ったので18連休となった。
さすがにこれだけ休むと…。休み疲れを感じる、な。
明日から第3ラウンド開始。
起きられるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.08

こういうことを思っているのだ

ボクの「なんちゃって『学び合い』」を経験した子が書いた文。
………………………………………………………………………………
私にとって、○○(注:ボクの学級言葉)のじゅぎょうというものは、とってもたのしくて、大事なそんざいです。
たとえば、4年生の時の算数は○○なんてもちろんありませんでした。
話し合ったりするのもほとんどありません。
たまに、隣の席の子と話し合ったりするけど、頭悪い子だと、さっぱりわからなくて、頭いい子はむずかしすぎて、わかりませんでした。
話がかわるけど、□□先生の授業は、じゅくの子に合わせているので、まったくわかりませんでした。
でも5年生になって<以下、省略>
………………………………………………………………………………

そして、
これは藤川大祐さんのつぶやき
「日本では「自分で調べなさい」、フィンランドでは「まず人にききなさい」と言われる。このあたりも面白い。 」

もう少しまともな『学び合い』を、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.04

『学び合い』もどきで終わっているのだ

算数で『学び合い』を取り入れている。
子どもたちの評判は良い。
成果にも手応えを感じている。というより今年はかなりのものだ。

阿部隆幸氏が言う「学びの菌が教室を飛び交っている」ような状態は、もしかしてこんな感じかもと思えるときもあった。
しかし氏の言う「司会者が次々変わる」ことはないし「グループの構成員が次々変わる」こともない。

一番不満なのは、二学期になってグループが固定してきたことだ。
「気の合う友達と」課題を解決することを喜んでいるのだ。そこで終わっている感じがする。
うまくは言えないけど、何かちょっと違うはずだ。
丸投げしすぎたからか。

「人数分のわかり方があり、自分にピタッとくるわかり方を知るためには同じ人とだけで課題を解決していてはもったいない」というようなことを言っていこうと考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »