« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012.02.26

訂正&肝は大丈夫そう

昨年は手術のあと約1週間禁酒したのに肝臓はE判定。
今年は規則正しい飲酒の結果、A判定。\(^_^)/
合格ですね(笑)。
多分、ジョグが効いているのでしょう。
と言ってもまだ1か月しかやっていないけど…。
数年前にも自転車がマイブームだったときもA判定になったから、ま、血液を普段より速く回すというのは身体にいいのでしょう。

ということで前の記事の訂正。
誤→「も一つの軽量化の方は、間に合いそうにもないな…。」
正→軽量化はこのままのペースで行けば達成可能かもしれんけど(目標まであと1キロだから)ハラマキのダウンサイジングはちょっとムリっぽいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.24

あと一ヶ月

今日は24日だから、あと一ヶ月だ。
最後まで笑顔でいられればいいな。
も一つの軽量化の方は、間に合いそうにもないな…。
ま、そうなれば諦めればすむことだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.19

反省

昨夜、酔った勢いで添付ファイルで原稿をチェックして下さいと送ってしまった。
きちんとした挨拶もせずに…。
大人げない話だ。
情けないなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.02.12

綴じていくor綴じてある

以下は、「まるしん」さんのブログから
「ぼくの教室の学級日誌は、「日付」「天気」「よかったこと、気づいたこと、考えたこと」「sign」を書くだけの、自作のA4判シートである。それを同じサイズのファイルに綴じていく。」

ボクも同じスタイルだ。
B5判の紙に、「日付」「天気」の他「○時間目・科目・何をやったか」を1行で書き(びっしり書く子もいる)、「どんな1日だった?」では、その日の一番印象的なことを書き残すようにしている。
そして、この「どんな1日だった?」の項をまとめて学級だよりの「○月のあしあと」のコーナーに載せる。

その学級日誌だが、予め学期分(?)まとめて印刷し、冊子にしているのを見ることがある。
ホチキス留めされた冊子に子どもたちは書きにくいだろうなと思う。
対してペラの紙である。
書きやすい。
それに年度末近くになって、綴じているファイルを見せながら「たった一枚でも毎日積み重ねると(文字通り積み重なっている)こんなに分厚くなる」と言うと、「おお~」という声が返ってくる。(レスポンスの良い学級だと(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.11

一太郎「承」

新しい一太郎「承」が昨日届いたので早速インストールしました。
とっくにワープロソフトとしては完成の域に達しているので、今回は何もついていない素の本体だけ注文しました。
差額のお金で安売りしていたフォントパックを買ってしまったので、しっかり学級通信などを出すことにしましょ。
そして多分、前回のバージョンからだと思うけど「ATOK Sync」というのがとても便利です。
どのパソコンでも同じ入力環境というか、同じ変換癖がついた日本語入力ができます。
だからもし新しいパソコンに変えても、使い始めから今までどおりの変換ができてイライラせずにすみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.07

for sale

先週とはうってかわって今週は調子がのりませんな。
なんでだろ…。
打診あり。
not中心部。notシングル。ということで…。
帰り、緑地公園に寄り道。30分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.05

怒号

で、その駐車場代が8000円の学校に出張とかで行った嫁さんが言うには
教師の怒号が聞こえるという。
そう、荒れているのだ。

その学校でおこなわれた11月の研究会に参加したとき、かつての同僚から「○○が崩壊している」と聞かされた。
今では、教頭が学級に入っているという。
彼女は、言うことを聞かないと、嘆いてるという。
言うことを聞かないのは当たり前だろ、と思う。
聞くようなら、崩壊はしていない。だろ。

こんな場合は校長は痛くないのだろうか。と、思う。

最前線に出ない校長は、痛くはないのだろう。な。
そして、どれだけ荒れていようが責任は問われないのだから。

10年前、ボクに再び火をつけたY中先生が言ったことから考えたことだ。
(もしかしたら、Y中先生が言ったのかもしれない)

「担任希望で、教師がみんな6年生を希望するような学校でなければならない」
「学年があがるにつれて、世話の無いようになっていかなければならない。そういう学校をめざすべきだ」

これは、向山洋一氏の「小学校で学ぶことがなくなったから、小学校を卒業するのです。卒業とはそういうことです」という言に一致する。

逆に言うと、6年生担任を希望する人がないということは、校長として学校運営が失敗しているということだ。
でも責任を問われるのは…。

そんなとこに行ったらどうしましょ。

ちなみに、5年前、今の学校に来たときには6年担任を命ぜられました。…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.03

未だ打診なし

そろそろ打診があってもいいのだけど…。
「希望をいくつか挙げよ」と。
科目を指定したから聞いてくれないのかな…。
中心部だったら、1年でテンだな。

本日締め切りの印刷物。
空きコマを利用して1人で仕上げる。
約1時間と少々。
ほとんどのチームは3人で印刷機を囲んでワイワイやる。
“みんなで協力してやっている”という感じを出すのは否定しないが、そんなのは好きじゃない。
たかが印刷で3人の時間を使うのは人件費の無駄づかいとしか言いようがない。
ボクには残された時間が少なくなってきているのだ。

帰り、久しぶりに緑地公園へ。
久々のジョグ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »