« 未だ打診なし | トップページ | for sale »

2012.02.05

怒号

で、その駐車場代が8000円の学校に出張とかで行った嫁さんが言うには
教師の怒号が聞こえるという。
そう、荒れているのだ。

その学校でおこなわれた11月の研究会に参加したとき、かつての同僚から「○○が崩壊している」と聞かされた。
今では、教頭が学級に入っているという。
彼女は、言うことを聞かないと、嘆いてるという。
言うことを聞かないのは当たり前だろ、と思う。
聞くようなら、崩壊はしていない。だろ。

こんな場合は校長は痛くないのだろうか。と、思う。

最前線に出ない校長は、痛くはないのだろう。な。
そして、どれだけ荒れていようが責任は問われないのだから。

10年前、ボクに再び火をつけたY中先生が言ったことから考えたことだ。
(もしかしたら、Y中先生が言ったのかもしれない)

「担任希望で、教師がみんな6年生を希望するような学校でなければならない」
「学年があがるにつれて、世話の無いようになっていかなければならない。そういう学校をめざすべきだ」

これは、向山洋一氏の「小学校で学ぶことがなくなったから、小学校を卒業するのです。卒業とはそういうことです」という言に一致する。

逆に言うと、6年生担任を希望する人がないということは、校長として学校運営が失敗しているということだ。
でも責任を問われるのは…。

そんなとこに行ったらどうしましょ。

ちなみに、5年前、今の学校に来たときには6年担任を命ぜられました。…。

|

« 未だ打診なし | トップページ | for sale »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/53911043

この記事へのトラックバック一覧です: 怒号:

« 未だ打診なし | トップページ | for sale »