« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012.04.29

10年前は若かった(2)

その学級だよりは、提案資料と一緒になっていた。
つまり、ある研究会で配ったものだ。

うちの市は、55校が六つの部に分かれている。
同じ部の学校の者が集まって、子どもたちの様子を語り合う。という、ボクに言わせれば時間の無駄な不思議な会が6月初旬に全市一斉に行われる。
かわいそうに、その時提案する番に当たっていたのだ。(笑)

その提案文書にも「!」とする文がある。

<引用開始>
1 はじめに
(略)
毎日、子供たちに翻弄されている。ジャブを1発繰り出せば、2,3発のストレートを浴びるといった感じだ。

2 初めのボタンのかけ違い
(略)
しかし、どうにも私が暮らしにくい。これだけ歳をとると新しいものに対しては柔軟性がなくなる。「教師も変わらなければ」と耳にする。言うのは簡単。私には無理さ、と都合の良い言い訳を用意して軌道修正を図ることにした。子供たちには気の毒ではあるが彼らは若い。私より柔軟性があるはずだ。/持ち上がりがないということが頭に入っていれば、初めからバシッとルールを強いて(敷いて)いただろう。スタートに当たって6年生としての明確なルールを与えてやれなかったという負い目はある。小出しに出される変更ルールにつきあってくれている子供たちにすまないとも思う。

3 考えていただきたいことがら
以下に述べる子供たちの姿や本時の子供たちの様子からお考えいただきたいと思います。
■私の6年生観のズレはどのくらいのものか
■○○小の子の特長として現れている姿はどれか
■子供たちに対する私の対応ぶりは、今どきの6年生にマッチしたものになっているか

4 子供たちは

<引用終わり>

いや~。
こんなのを研究会で配っていたのだね~。
すご~(^^ゞ

転1年目。凶夢。6年。と状況は同じ。そして今も昔も翻弄されている。

でも馬力あるな~。
ま、こんな自分なのだから、今さらグチャグチャ考えずにお気楽に行きましょ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.28

10年前は若かった

当たり前だけど、10年前は若くてパワーがあった。
今日、捜し物をしていると偶然11年前の学級だよりが紙で出てきて、それを読んで思ったことである。

前前任校(というのか)に赴任して6年生を担任したときの学級だよりだ。
(そういえば、直近3校連続で転任一年目は必ず6年生の担任だな)
第一号は5月11日だ!
内容は、始業式の日の私の自己紹介に対する子どもたちの反応のテープ起こしを中心としたもの。

終わり間際の7行を引用する。
<引用開始>
■後半になるにつれ「だれか」が増えている。
それはなぜか。
周りの騒音で、テープを何回聞いても名前を聞き取れないのだ。それくらいににぎやかなのだ。
■こういう元気な子たちと相対するには意識してテンションを上げなければならない。
夜なら○番搾りやスーパー○ライの力で自然とテンションは上がる。でもさすがに、朝からモル○の力を借りるのはちとまずい。自力で上げなければならない。
おかげで、子供たちが帰る頃にはくたくたになってしまっている。
<引用終了>
…。
…。
こんなこと書いてたんだね。若いな。でも、ボクなりのパワーを感じますな。

開始直後には次のような文も。
<引用開始>
□3年ぶりに担任することになった6年生はにぎやかだった。
去年1年間、大人だけの社会にいた私にとって子供たちの声はにぎやかだった。
にぎやかすぎた。もっとはっきり言うとやかましかった。
□始業式の日くらいは、新しい担任の言葉を聞くだろう、という私の思いがある。
ところが、そうではなかった。
子供たちにはまったく緊張感がない。
「こんなに緊張感がない始業式は(多分)今までになかった}と○年間の教師生活を振り返って思ってしまった。
□やかましいのである。
<引用終了>
…。
…。
これが第一号である。
ボクらしく斜に構えてプレッシャーと戦っていますね(+ _+;;)\バキ!!

これを読んで元気が出ましたね。
この3連休中に今年の第一号を書こうと思っています(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.27

陣中見舞

県研修センター時代にお世話になった、センター長と班長が学校を訪ねて下さった。
お二人とも当然Retired。
話のネタを作るために来てくださったのかな(?)。
お二人はBossと談笑。もちろんBossとは顔なじみ。
ボクは校長室で少しばかり背筋を伸ばし…。

嬉しかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.26

家庭訪問

4月1日に開業した新駅周辺にしか駐禁の標識がないので、クルマで回れます。嬉しいですね。クルマにはちょっと動いてすぐ停まるというつらい仕事だけど…。
でも、寺や神社や郵便局などなどの目印がありません。住宅しかありません。
唯一、目印になるのは公園です。それも、けっこうわかりにくくて…。
瀟洒な家が並んでる中を表札を見ながら、ゆるゆると訪問先を探しています。
表札といえば、ローマ字表記が9割ぐらいの印象があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.24

GWまでだ

○○くんが立ち歩かず、授業中は座っている。
□□くんが意見を言っている。
この二人に、変わろうとしてるんやねと言ったら、「うん」と言った。

と、若い音専&家専のおねいちゃんがちょっと感動気味にボクに言ってくれたけど、

それも賞味期限はGWまでだろう。
なぜなら、根本はまったく変わっていないのだから。

おねいちゃんが言ってくれたあらわれは
新学期効果+新担任効果にすぎない。のだ。

ボクの我慢もGWまで。

なので

その後は、ご破算で…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.21

テープ救出

4月8日に、前の学年の2人に餞別のお礼(その2)としてVHSテープをDVDに焼こうとしたらテープを飲み込んだままVHSデッキが反応しなくなりました。
修理に出してVHSテープは本日無事に(多分)戻りましたが、デッキは「モードスイッチ不良。消耗部材入手不可能のため修理はできません」とのこと。
もともとほとんど遣っていなかったのですが、地デジ導入と同時に正式引退したもの。
「内蔵カレンダー機能の使用期限が切れているため、カレンダーがご使用開始年に戻り、日付と曜日が一致しなくなり…」とメーカーのHPにはあります。
いつ頃作られたのかはたどれませんでしたが、バブル期のようですね。(三菱HVF73)
テープ取り出し料3895円也。テープは『築地久子氏「公民館と市民の願い」SM検討会』です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.20

視察

どんな理由か分かりませんが、M先生のパソコン室を遣った授業の視察に来る人が絶えません。
副市長、財務局長、脅威の課長などなど。
一週間に一度以上のペースです。
偉くなった(?)元同僚と廊下で顔を合わせることが多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.18

落ちた

綱渡りの日々が続いていたが、とうとう、落ちてしまった。(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.14

土曜日

いつもの5時半に覚醒。
たっぷり寝るはずだったのに。…。
テンパっているのだろう。

で、いつもよりゆっくり目の朝食&新聞の後、ラジオ体操の時間から仕事。
と言っても、公的なものではなく、Codomoの記録がメインだけど。

昼はいつものラーメン店。その後、いつものように義父母の見舞い。

帰ってからエクセル。
二つのシートを連動させればミスは少なくなるはず。
その後、読書。

シメは、二週間ぶりのゆっくりジョグ。30分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『教室ツーウエイ』2012年4月号p11から

「『学び合い』という美名の下での教師の指導放棄したひどい実践が拡がっている。/これらについてはいずれ特集を組む。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.13

へろへろ

なんとか1週間乗り切りました。
ヘロヘロです。
小さなブツ(例えばセロテープ)が、どこにあるのか分からないという単純なストレスに始まり、学校によって微妙に違うやり方が当然分からないのに、運営しなければならない役(教務)だし…。
さらに仕事相手は一瞬も気の抜けない「六」だし…。
(「六」はどう見ても小学生じゃないと思うのだが…。制服を着ていない放課後の中学生と思うのだが…。「六」手当が欲しいわ)
気は抜けないけど、髪が抜けてます(涙)。
厳しい1年になりそうな予感。
そんな中、10月下旬の研究会の授業を買ってみたりして…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.11

ついていけない

19:30からPTAの会があった。
きちんと勤務時間10分過ぎに帰っていたので知らなかったけど、みなさん、残っていますね~。
会の開始時刻になってもまだ5人、残っていました。(会には関係なしに)
Bossが、今年は19時に閉めたいと言ったはずですね~。
ボクには考えられない世界だ。
ついていけないぞ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.08

こうくはこうく

新任校の校区の話である。
それがごく単純である。
造成順というか分譲順になっている。
つまり、今は入り口の第1工区から一番遠い第17工区までだ。
そう、校区は工区なのだ。ちゃんちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.07

若い人は同じ顔

なんとか一週間もちました。
まだ、本務は始まってないけど…。
教務の仕事も午前で終わり。
午後からやっと組分け名簿を開く。

で、今の職場は若い人が多い。
4人のアラ還が去って、代わりにボク一人と新採指導の元教頭が一人だから…。

40歳以降だと思える♀の人の顔と名前はすぐに覚えられたが、若い♀の人の顔と名前が一致しない。
みんな同じ顔に見える。
テレビのAKBと一緒だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.05

設備など

すでに呟いたのもあるけど、あらためて…。思いつくまま。

48人分のロッカー室がある。
実習生用のだ。

湯沸室はIH。
職員室の横の男トイレはウォシュレットが3室。

職員の数だけノートパソコンが支給されている。
去年6年を担任していた今年の相棒が言ったけど、子どもにもあるとか…。これは未確認。

特別教室はエアコン導入済み。
普通教室にも導入予定。←これがホンマなら、居座る方向で…(+ _+;;)\バキ!!

普通教室は木の匂いがする。
腰板が木なのだ。(あれっ、板が木だなんて変な言い方)

軽量鉄骨造りなので2階まで。
そのために通称100メートル廊下がある。走りたくなる。
構造はL字形で単純なのだが、単純すぎて教室表示をしたときに迷った(^^ゞ。

今日、入った部屋にはプリンターとホワイトボードが結びついた、得体の知れないものがあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.03

2日目

明日の職員会議の準備。
といっても、前任者がほとんど準備して下さっているので、ファイルを覗いてどこに何があるかを確認するだけで凌げそう。
でも、実際にやってみるとビミョーに違うので…。
さて、どうなりますやら…。

48人分の教育実習生用のロッカーがあったり、職員室の湯沸室はIHだったりして、…
ついて行きにくい感じ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.02

新しい仕事場

前の学校に寄り、餞別のお礼を配ったあと、新しい仕事場へ。
昨年開校した学校だ。
周りは造成&建築ラッシュ。オーバーに言うと毎日どこかで棟上げがされているくらいだそうな。
そして、市の中で唯一地価が上がっている地域で、あと1800戸以上は建築される予定とのこと。
そして市にまだ移管されていないので周辺の道路に信号や標識がないとのこと。だから駐禁の標識もないのだ。
それに居住エリアだから自販機もずるいことをして置いている1台しかないとのこと。
現在は17学級だが、将来的には26学級まで増える予定とのこと。その後、減少予定。
だから、職員室も広い広い。

いや~別世界ですね~。
勤まるんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.01

嬉しかった言葉(2)

同僚からの嬉しい言葉。

親しい人
「あの山、攻めたらあかんで」

人をいじりるのが好きな人
「あの坂、のぼれる?」

ということで23年度、終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »