« 第4回越後『学び合い』に参加しました | トップページ | プリンタが逝った »

2012.08.03

「急ぎ感」続き

教材『海の命』論(二)
―立松和平『一人の海』との比較をもとに―
昌子佳宏
の中に
(略)立松和平自身による証言は今のところ目に触れていないので推測の域を出ないが、発表・刊行年のズレをそのままに受け止めるならば、まず『一人の海』という作品が成り、その後にそれを改稿して、エッセンスと一部の表現を取り出して、絵本『海のいのち』が制作されたのではないかと見ることができるのである。

これによると、
『一人の海』では、母の態度や様子がもっと詳しく書かれているそうだ。
例えば、母は父の死後「あんな幸せな男はないばい。今ではクエになって海ん底ば泳いでいるんじゃなかろうかねえ」と何度も何度も言っている。
それが太一の「おとう、ここに…」の伏線になっているという。

このような削除があることが「急ぎ感」をあたえるのだ。

|

« 第4回越後『学び合い』に参加しました | トップページ | プリンタが逝った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27801/55342553

この記事へのトラックバック一覧です: 「急ぎ感」続き:

« 第4回越後『学び合い』に参加しました | トップページ | プリンタが逝った »