« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012.12.31

ありがとうございました

昔は365分の一日に過ぎなかったけど、近頃は歳のせいか特別な一日と思うようになってきましたね、大晦日。
細木数子の六星占術によると小殺界の2012年。
事務所を変わりました。
そこはとんでもない(略)…。「小」じゃなくて大殺界やん、と思いましたね。


でも、
娘の結婚相手が決まり

息子も就職が決まり

と嬉しいこともありました。

父母や義父母の老いを目の当たりにするのは哀しいものがありますが、できる範囲のことをやっていきます。


クルマ的には、CD6がよりいとおしくなりました。
与島のアコトルのオフ会以降ですね~。
今までにない出会いがあったからでしょうね。


一年間お世話になりました。
ありがとうございました。
2013年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.28

置く

松井秀喜…バットを置く
山口百恵…マイクを置く
チョークを置くのはボク。
(軽っ)。

「五打席連続敬遠事件」は、ほぼ毎年授業で使わせていただきました。
「M高校はひきょうである。賛成or反対」で。
ごくろうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.20

ようやく

3時に覚醒するも起きられず。
結局起きたのはいつもと同じ5時10分。
気は焦っているけど気分はすっきり。
夕方、ようやくあと2時間ほどのジム量に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.18

峠は越えたかな

4時起き。
昨日に引き続き6時20分までジム。
いつもと同じく6時50分家出。7時20分職場着。
今日は霧が出ていたので職場までライト点灯。
始業(8時20分)まで小一時間はいろいろできるのだが、昨日ちょっとした問題が発覚したのでそれの対応。
砲火後もしばしジム。
ようやく峠を越えた感触。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.17

1日間違えてた

3時半起き。
ゆっくりと寝てられない気分。

砲火後、1日間違えていたことに気づいた。
水曜日に仕上げなければならないと、ずっと思い込んでいたのだ。
ぎりぎり木曜日に完徹という手もある。やりたくはないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.10

授業料終了!

昨夜は調子に乗って飲みすぎ。ああしんど。

今日、帰りに息子の授業料を振り込みました。(郵貯のATMは、早く閉まりすぎだよね)

長年の授業料からようやく解放されました。

延べ12年。長かったな~。

娘も息子も高校から大学まで私学だったし…。(息子は今、国立の院。でも年54万弱いるし)
二人の下宿代もボク払いだったし。(生活費は嫁さん担当)

スッカラカンになりました。

あと残るは息子の下宿代。
3月までの4ヵ月分か~。

そうそう、CR-Zの名変を忘れないようにしよう。
後は頼むぞ、息子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.08

調査書

「調査書は、パソコン等を用いて作成してもよいが、各項目記入欄の大きさ等に変更を加えてはならない」(調査書の様式は、○○県教育委員会ホームページからダウンロード可)。

とWEBにありますが、ダウンロードしたエクセル文書(ボクが苦手なエクセルだ~)は、最後の一行がはみ出して、2ページにわたってしまうのですが。(^^ゞ

と、こんな些細なことでクレームを付けたくなってしまう今のボクの気分は
保護者が我々に言ってくるのと同じなんだろうな。

でも、県脅威、しっかりせいよ。な。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.07

健診

職員健診の日が分かった。
2月中頃だ。
さて、その日のためにボチボチ始めますか。
今から始めると3ヵ月あるので、血液が入れ替わるだろうな。
でも、やはり正月を越してからでないと気分はのらないだろうな。

戸締まりのため、いつもより30分の遅れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.06

なんだかなあ

「制圧」をしてから、様々な技を繰りだしている自分がいる感じがする。
今頃になって寒いオヤジギャグで笑い出ている。
本来なら長崎のB先生みたいに、一学期早々に持てる技を繰りだし、もっと早くに今のような態勢にすべきなのだろうが、とうていそんな力はない。
ま、いいや。
外は寒いけど、なんとなく「ほわっとした民意」じゃない、ほわっとした雰囲気を感じられるのは嬉しいものだ。
学期末だけど進度を気にせずに、彼らのノーミソがわくわくするようなことをやってやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »