« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013.05.23

『なぜか仕事がうまくいく教師の7つのルール』

『なぜか仕事がうまくいく教師の7つのルール』西川 純(学陽書房)
久しぶりの読書。
そして久しぶりに元気をもらえた本。
それは、自分の考えていることとやっていることは、そんなに間違っていなかったということが書かれているからだ。
裏付けも得ることができた項目もある。
例えば個人懇談会。
ボクは基本的に褒めることばかりを保護者に話していたのだが、一方、これでよいのかとも思うこともあった。
この本には、褒めればいいのだ、そのわけは…ということが書かれている。

今年度は今までよりも『学び合い』に頼ってみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.20

小出し

先週からようやく百人一首を始めた。
終わりの会の時間にする。都合3回(3日)することができた。
もちろん好評だ。
「○○さん、(句を)覚えている」と言われる子がすでにいる。

来週は、キーボー島アドベンチャーを紹介する。

持ちネタを一気呵成に展開できない。
気持ちに勢いがないのだ。

と、昨日書いて今日。
1時間目がパソコン室の割当。


「ようこそ」画面のまま45分が過ぎた。

パソコン不調。
そのままで45分。
ま、ボクも気ぃ、長いな~。

5時間目にパソコン室を使った同僚に、パソコンが使えたかどうかを聞いた。
やはり使えなかったそうだ。
彼女の教室はパソコン室前なので、ボクが1時間目に入っているのを知っている。
彼女いわく。
「授業をしていると思った」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.08

どこまで分かってくれたかな

大学の講義の一環として、ボクの授業を一時間公開した。
講義を担当している人(協議会を仕切ってくれた教授(?))は、「小」の現場の経験がある人なので、ボクの意図とやっていることをよく分かってくれた。
もう一人の「高」の数学出身の方はいろいろ分からないところがあったようだ。
さて、学生たちはどこをどれくらい分かってくれたのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »