« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014.02.16

『定年までに知らないとヤバイお金の話』

『定年までに知らないとヤバイお金の話』岡崎充輝(彩図社)
前のエントリーで「以前のように、の~てんきにそして、バクのように夢を追っていきましょう」等と書いたが、これを読んで自分の現実を知ると…。
脳が萎縮しますな。
(ボクの夢や興味関心事はお金が要ることばかりだもんな~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『何歳になっても脳は進化する!』

『何歳になっても脳は進化する!』林成之(三笠書房)
・ゴールを意識しないというのはなかなか難しいものですが、「あと少しで終わる」ではなく、「あと少しだからこそ手を抜けない、ここからが本当の勝負だ」というふうに考え方を変えるのがコツです。p34

・「年だから」「疲れた」「無理だ」「難しい」といった否定的な言葉は、口にしたり耳にしたりするだけで、脳にとってマイナスに働くのです。p64

・水平目線と美しい姿勢をいつも意識し、「自分なら必ずいい結果を出せる」と決めることです。p180

「もうすぐ定年だから」とか、若者の仕事ぶりについては経験からの上から目線言葉とか等、この頃のブログネタに脳を劣化させる言葉が多いことに気づいた。
「時間が少なくなってきた」等の言葉は、数年前、自虐ネタで軽い気持ちで始めたものだったのだろうが、近頃は一気に本気ネタになっているのだ。
本書を読んで、そういう言葉は脳にとってよくない言葉だと知る。
以前のように、の~てんきにそして、バクのように夢を追っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.08

テープ起こしから

隣の女史の研究授業のテープ起こしが終わった。
子どもの発言を度に繰り返している。
多分自分がそんなに繰り返しているとは気づいていないはずだ。
気づいていたら止めるだろうから。
若い子に、度に繰り返すのはよくないことだと言っているはずだろうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.05

会議がまわる

会議(8つの部会)が順調にまわった。
やれやれだ。
会議を上手くまわるように段取りをするのが凶夢の仕事の一つ。
自分の考えで切り込めた、研究主任の仕事がなつかしい。

「卒業」がらみの学校の新聞の原稿。
去年は「夢」をテーマに書いている。
去年の今頃、何か「夢」を意識することがあったのだろう。

今年、書き出しの言葉はこれ。
「今日一日、明日一日だけ頑張ろう」
小保方晴子さんの言葉だ。
今の自分の心境にぴったりな言葉だ。
「今日一日だけ」と思うから頑張れるのだ。
う~ん、卒業特集の新聞としてはふさわしいかな。疑問。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.04

モチベーション低下中

空き2コマと砲火後を利用してようやく明日からの会議の資料が仕上がった。
近頃は凶夢の仕事も自分の中でルーティーン化しているので、ワクワクドキドキ感がない。
凡ミスをしないようにと守りに入っているので全然おもしろくない。
なんかないかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »