« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014.07.30

良い(深まりのある)授業

学校訪問をした指導主事から
「学校全体としての質の高さ、さすが○○小!」というメールを頂いた。
いわゆる「良い授業を作ろう」と全員熱心なことは間違いない。
しかし、良い授業ってなによ、ということを考えておかなければならない。

いつものように指名なし発言を取り入れている。
こういうときは課題に対して言わせっぱなしにしている。つまり、いわゆる深める授業をめざしていない。
こういう1学期をおくるとどうなるか。

子どもの感想である。
「発表の順番が自由なので、初めの方に発表する自信がついて、発表もしやすくなった。計算も説明してくれるから、すらすらできるようになった」
「ボクは発表をがんばったと思う。5年生までは1日に2回ぐらいしか発表ができなかったけど、6年生になると自己発表だったので、少し自信がついてきたような感じ」
「5年生の時は全く発表しなかった。6年生に入ると、強制的で全員発表みたいのがありました。わたしは、もともと発表が苦手なので無理だったけど、6年生に入ってから発表が少しでもできてとてもうれしいです」
「5年生までは手を挙げて発表する感じだったから個人差があったけど、今は自分のペースで話せるからいっぱい発表できた」
「自分からなので、はじめは少し分からなかったけど、全員発表なので言ってみるとスッキリしました」
「5年生と比べると発表がやばいほど増えた」

この子たちは今の学級で二番手、三番手に発言している。
多分、5年までは殆ど発言せずに済んでいたのだろう。

教師がいわゆる良い授業(深まりのある授業)を作ろうとしてあれこれ発問する。
「あれこれ発問」で、ついて行ける子はいいが、ついて行けいない子がある。

いわゆる良い授業は、はたして全員のものになっているか。
ついて行けない子をどれだけ看取れるかだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.25

勘違い

三連休明けの個人懇談で、今年もある保護者から
「6年生になって、こんなに100点をとれるとは思ってなかった。通知表も良かったし…。と、うちの子が言って、今もこの時間から勉強しています。昨年までとは大違いで、考えられないことです」と言われた。嬉しいことである。
そう言えば、去年の個人懇談にも同じようなことを言った保護者が一名おったな。
勘違いさせてすまんけど…。
でも、その子らは、その時、気分よく勉強していることには違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.22

提案の意図を

先日の国語の会。
提案者は言う。
「『太一はなぜ銛を打たなかったのか』や『主題はなんだろう』と問わずに授業を展開できないだろうか。なぜなら、その問い方では「海の命」は読み深められるが、他の物語には通用しないから。どの物語も読める力をつけさせたいと考え、次のような単元構成を考えた」

という提案に対して、いわゆる〆の言葉を言う立場の人が最後に言う。
「教材の特性を考えた単元構成をしなければいけない。『海の命』は主人公の成長とそれを取り巻く人間関係を読ませるべきだ」

これってどうよ。
提案の意図が分かってないのか。それとも、そんな提案はすべきじゃないと言ってるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.04

圧倒された

県教委と市教委の人が来て公開&研究授業の日。
ボクは35歳の○さんの国語の方へ。
計算されつくしたと言ってもいい授業。よく考えられた展開。
ボクは、それだけで圧倒されて協議会では何も言えないのに、「ここをこうすれば」とどんどん30歳半ばの方が意見を述べる。
同じチームの□さんも、研究授業をやっていて楽しかったという感想を言った。
いや~、すごいな。近頃の若手はすごいな~。
圧倒されるよ。ますます居場所がなくなってきたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.02

気ぜわしくなってきた

Bossによると、来年の教科書に載っている教材文を増し刷りして研究会に使うことはできないと言われた。
あらあら。せっかく日曜日、図書館に行ったのにな。まあ、そう言われればそうだな。
さて7月。今年は海の日がジムで使えない。
週末もけっこう行事があるから、段取りを考えておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »