« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014.11.30

腰折れ感

先週の金曜日の校内公開と昨日の土曜参観の2コマ公開で感じたことだけど、どうにも腰折れ感が強い。
もっと自由に考えを表現できていなければならないのに…。
話し合いがもっとかみ合っていなければならないのに…。
なぜだろう。
手をうっていかなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.27

休肝日

25、26日と奈良、京都を巡る修学旅行が終わった。
3年連続だ。
修学旅行や宿泊学習は、年に一度の徹夜(厠引率のため)と休肝日になる。
今年はお申し出どおり午前3時に引率。
その時間から寝るとよけいにしんどい感じがするので朝まで。
月曜日が振替休日だったので、「もう、木曜日」という気分だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.24

資料づくり

午前は2月の研究会の資料作り。
夏休みに断片的に書き散らかしていたのを一つの文書にまとめる。改めて読み返すと意味不明文やくどい文など。その時は入れ込んでいるので分からんな~。
ボクらしく脱力感のある文でまとめよう。

昼のユニクロ行列参加&拉麺で中断のあと、午後も少し。苦手な黄緑色の悶科省本も見る。

夕方から古都行きの準備。
明日から雨らしい。あ~ぁ。
ま、ゆっくり歩けば大丈夫かな。念のために靴紐をさらに緩め、もう一回り靴の周を大きくする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.13

逆転現象

今年は空きコマが3コマも少ないので、木曜になると心も体もヘロヘロ。
でも、ギョーカイ用語で言う「逆転現象」を久しぶりに作れた。
「六」で、そしてこの時期で。
と言っても、彼女の努力がなしたことだけど。
嬉しいね。また雰囲気が変わるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.12

小言幸兵衛(2)

なんか若者への鬱憤晴らしがシリーズ化しそうな気が…。(笑)
(こんなことでしか太刀打ちできないのかも…)

児童会役員会の子が作ったのだろう「ろうかは」「あるこー」とポスカで書かれた掲示物が貼られていた。
ラミネートされているから教師の目を通っているはず。
その教師は表記間違いに気づいていないのだ。
「あるこー」じゃなく、「あるこう」でなければならないでしょう。
そう言えば「ローカ」という表記もよく見かけるな。
ちなみにボクの使い込んだATOKでは「老化」が一番に出、「あるこ」まで入力すると推測変換候補に「アルコール」が出るけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教室ツーウェイの休刊

昨日届いた『ツーウェイ』誌に休刊のお知らせのプリントが入っていた。
びっくりした。
『ツーウェイ』誌はTOSSの機関誌じゃなかったのか。(法則化か)
確かに近頃は当たり外れが大きいという印象を受けることもあったけど…。まさか休刊とは。
数年前の『現代教育科学』誌といい『授業研究』誌といい、ボクをモチベーションづけてくれた雑誌が相次いで休刊になる。
まるでボクの引退に合わせたかのように(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.05

空っぽ

他学年は遠足。「6」だけ行かない。修学旅行があるから。
で、2コマ目から隣の大学へ。
大学の先生にキンボールを教えてもらう。
昼は学食で。
500円で。
ボリューム満点の学食なので、ラーメン一杯でOKというcodomoや、500円全部使ってしまうために、最後に、量り売りのサラダを食べるcodomoも。
午後は、空っぽの校舎全部を利用して「逃走中」。
普段は走れない(といっても、かなり走っているけど)100メートル廊下を全速力で…。
ミッションを出すための放送も使い放題。
まあ、こんな一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.04

誕生日プレゼント

「これ、誕生日プレゼント」と、寄せ書きをもらった。
ありがたいことだ。
寄せ書きは、ボクが仕事部屋にいない間に回していたらしい。
「卒」にはよくもらうけど、「誕生日」に、というのは、いつ以来だろう。
こんなWojisanにくれるなんて、ありがたいことだ。
「いつも楽しい授業です」なんて、嬉しいことを書いてくれたり(喜ばせるツボを知ってますね~)「マイペースでおもしろい」なんて、よく観察&分析してますね~、と驚いたり…。ちなみにこう書いたのはどちらも女子。

嬉しいけど…、でもね「5□才のたんじょうび、おめでとう」とスバリ具体的な数字を書かれると…、実はあまり嬉しくないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »